お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

キンコメ高橋、秋山にD関勝利も軸足グラグラ

56

先月6月28日、東京・ルミネtheよしもとにて「ダイナマイト関西2014 ~全日本選手権 グループリーグ予選6~」が開催。グループAのキングオブコメディ高橋がロバート秋山と対戦した感想を語った。

“日本一の大喜利大会”として15年近くその名を轟かしてきたダイナマイト関西。今大会では出場者16名による初の総当たりリーグ戦が行われた。グループAは、高橋、秋山、バッファロー吾郎・竹若、インパルス板倉の4人。高橋は竹若との戦いで引き分け、板倉には勝利していた。

高橋にとってこれが決勝進出のラストチャンスとなる大一番だったが、試合前「やる気満々で来たんですけど、ルミネの入口でよしもとの法被着た方に『お笑い観ていかない?』って言われたので、『仕事なんで』って断わってきました」と、出鼻をくじかれたことを告白。それでも1問目からポイントを2連取し、好調なスタートを切ることができた。

しかし高橋がトーナメント序盤から恐れていた“はねる様”の勢いはすさまじく、秋山は力技回答を連発。高橋は笑いを堪えようとするも何度も笑ってしまい、残り1分で1ポイント差に追いつかれてしまった。それでも互いに力尽きたのか、両者ともにポイントは取れず、そのまま高橋が勝利。高橋の決勝進出が決定した。

この結果、グループAからは高橋と竹若の決勝進出が決定。「ダイナマイト関西2014 ~全日本大喜利選手権 決勝トーナメント大会~」は、8月16日(土)に東京・浅草公会堂にて開催される。詳細はオフィシャルサイトにて確認を。

キングオブコメディ高橋試合後コメント

──試合を終えた今のお気持ちは?

いやー、なんでしょうね。決勝行ったけど、そうか行ったんだという感じ。すごくうれしいんですけど、この試合で勝ったら行けるとかよくわかってなくて。今日は第1試合だったので、とにかく緊張してて、ずっと鬼ヶ島のアイアム野田としゃべりながら平常心を保とうとしてました。

──エキシビジョンゲストに野田さんがいてよかったですね。

ほんとよかったですよ。秋山くん見るともう笑っちゃうんで。あれは笑いますよ(笑)。答えも、ノックアウトじゃなくてローで膝を狙ってくるみたいな。下ネタの答えで僕完全に左足をやられた感じです。軸足がグラグラになりました。

──お互いスローペースなところに秋山さんから下ネタをぶち込まれましたもんね。

ほんとはあの流れに乗りたかったんですよ。でもそういう答えを俺が書いても痛々しい空気になるしなあとか考えて(笑)。僕はふわふわしちゃってダメでしたね。秋山くんは芯が強いから。

──お題との相性はいかがでしたか?

「タモリさんが平日のお昼をどう過ごしている?」のお題のときに、前にダイナマイト関西でタモリさんのお題が出たのを忘れてて、「なんかデジャブだ。俺完全に病んでるんだな」って悩んでました(笑)。

──ポイントは意識してましたか?

追い込まれてきたので、もう1ポイント取らないとって思ってました。あれだけ秋山くんがウケてて、挙句負けたらもうただの痛々しい奴ですから。もう1点、2点取りたかったです。

──決勝トーナメントに向けての対策は?

うーん、あんまり日焼けしすぎないようにすることですかね。もしDVDになるとしたら、急に日焼けしてたら恥ずかしいじゃないですか。そういうドラマのつながりみたいなことを相方が気にしてたので、真似したいと思います。

ダイナマイト関西2014 ~全日本大喜利選手権 決勝トーナメント大会~

日時:2014年8月16日(土) 15:00開場 16:00開演 20:20終演予定
会場:東京・浅草公会堂
料金:ロイヤルシート1万5000円(中央最前2列確定+豪華特典付) S席7000円 A席6000円 B席5000円
出演者:(インタレスティングプロデューサー)バッファロー吾郎A / (MC)ザ・プラン9・浅越ゴエ / ずん飯尾(グループC 1位) / 伊藤修子(グループC 2位) / ケンドーコバヤシ(グループD 1位) / R藤本(グループD 2位) / バッファロー吾郎・竹若(グループA 1位) / キングオブコメディ高橋(グループA 2位) / オードリー若林(グループB 1位) / ピース又吉(グループB 2位)

お笑いナタリーをフォロー