お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

タカトシMCの涙活バラエティ、テレビ東京で11月限定放送

21

タカアンドトシMCの涙活バラエティ「タカトシの涙が止まらナイト」(テレビ東京)の収録が、昨日10月31日に東京・BASEMENT MONSTAR王子にて行われた。

同番組は11月の月曜深夜に4回限定で放送。「泣ける話」「感動する話」を集めて、観客、ゲストとともにティッシュを用意して鑑賞するという内容になっている。上映前タカは「僕はストレスが溜まると自ら泣きます。泣くのはすごくいいこと」と楽しみな様子。第1回のゲストには小島瑠璃子が来場した。

最初は“泣ける海外CM”と題して、タイのケータイ会社のCMを紹介。貧しさから盗みを働いた少年とそれを助けた飲食店店主の壮大なストーリーとなっている。このCMを観た小島の泣きぶりにタカトシの2人はビックリしつつも手応え十分。しかしタカは、中盤まったく違うストーリー展開を予想したことを明かし会場を笑わせた。山形出身のシンガー朝倉さやが目の前で歌うデビュー曲「東京」には、北海道出身のタカトシも感動。泣ける実話のドラマ化「先生と少年」を観たタカは、「この先生がいなかったら芸人になっていないかも」という自身の秘話を明かしていた。そのほか、“芸人の話を1000個持つ”というオオカミ少年・片岡の「芸人の泣けるちょっといい話」、タカが「これは泣ける!」と自信を持ってオススメする物事・現象を写真で紹介する「タカの泣ける○○」も。

番組を手掛けるのは、「極嬢ヂカラ」などの番組以外に、椿鬼奴主演のドキュメンタリー映画「ビッチ」の監督も務めた祖父江里奈プロデューサーで、最近流行りの「涙活セミナー」を知り、「テレビでもできないか」とこの企画を思いついたそう。タカトシの起用については「大事なのは、泣いたあと『スッキリ明日も頑張ろう』って思えること。なので、ちょっと沈んだ気分のときも明るいトークで盛り上げてくれるタカアンドトシさんがピッタリ」とコメント。事実収録でも、タカトシはしんみりした空気を何度も吹き飛ばすトークを展開していた。最後に「日々の生活に疲れた女性、最近泣いていない男性、スッキリしない人にぜひ観てもらいたい」とメッセージ。思い切り泣きたいという人はティッシュ片手にぜひチェックしてみよう。

タカトシの涙が止まらナイト

テレビ東京系 2013年11月4日、11日、18日、25日(毎週月曜) 23:58 ~ 24:45
<出演者>
MC:タカアンドトシ
第1回ゲスト:小島瑠璃子 第2回ゲスト:眞鍋かをり

お笑いナタリーをフォロー