ナタリー PowerPush - 逗子三兄弟

湘南の看板を背負ってる以上、ダサいことは絶対にできない

7月3日の「波の日」に、逗子三兄弟から夏全開のミニアルバム「Beach Boys」が届けられた。心地よいサーフアコースティックサウンドで幕を開ける今作は、デビュー曲「サマーウルフ」の続編「帰ってきたサマーウルフ」をはじめとするアッパーチューンから、彼らお得意の珠玉のラブバラードまで、バラエティに富んだ1枚。この夏のさまざまなシーンに寄り添ってくれそうな爽快な仕上がりだ。アルバムのコンセプトや楽曲の制作秘話はもちろん、彼らが愛してやまない地元・湘南への思いなどもたっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 川倉由起子 撮影 / 小坂茂雄

 
mixiチェック

アッパーでも逗子三兄弟というのを強く打ち出したかった

左から翔馬、優己、大雅

──最新ミニアルバム「Beach Boys」は、「これぞ逗子三兄弟の真骨頂!」といった夏全開の作品ですね。

全員 ありがとうございます!

──制作の取っ掛かりは、どんなところだったんですか?

大雅 去年の夏に出した1stフルアルバム「逗子三兄弟」がそれまでのベスト盤というか、シングル曲や配信シングルがけっこう目立った1枚なのかなと思っていて。今回はそれと比較して例えるなら“名盤”感のある作品を作りたいというところから、制作がスタートしましたね。3人で次のアルバムの内容を揉んでいく中で、そういうコンセプトが出てきたと思います。

優己 去年1年間は「逗子三兄弟LOVE SONG年間」と題して、主にバラードを聴かせる活動をしてたんですね。だからその反動じゃないですけど、次はデビューシングル「サマーウルフ」のような夏の香りがするアッパーな曲を出したくて。去年初めて僕らを知ってくれた人はビックリするかもしれないけど、その振り幅も逗子の魅力だと思うし、バラードだけじゃないんだよっていうところを改めて今回見せていきたいなと。アッパーでも逗子三兄弟というのを強く打ち出したかったですね。あと前作でも海の景色をふんだんに盛り込んだんですが、今回も音から海の景色を見てもらえたら……っていうのをすごく意識した1枚でもあります。

──ミニアルバムという形態も最初から決めていたんですか?

大雅 そうですね。なんとなくの気分……といったらあれなんですけど(笑)、今回はミニで聴かせたいなっていうのがありました。アルバムというよりは、どっちかというとシングルに近いのかな? 夏の湘南の1日を表現したっていうストーリー性もあるので、ちょっとボリュームアップしたようなシングル、くらいの感じで聴いてもらってもいいと思います。全7曲を通して、湘南のライフスタイルも感じてもらえたらいいかなって。

「湘南の音」としか言いようのないもの

優己

──1曲目「Welcome To SHONAN~with Tera Ocean Mountain~」と7曲目「Stay By My Side~with Tera Ocean Mountain~」はそれぞれ、心地よいアルバムのオープニングと締めのような役割を果たしていて。これは、Tera Ocean Mountainという地元の友人アーティストとの共作なんですよね?

優己 はい。リアルに湘南でやってる仲間と一緒にやりたいっていうのは今回最初から決めてて、1音、1音、湘南の音のリアリティを追求して作りました。友達なので「肩の力を入れずサラッとやろうぜ」ってところから始まり、レコーディングは楽しくあっという間に終わりましたね。

大雅 地元のスタジオで、一緒にイチから作っていったのが面白かったです。あと、そんな中で今回思ったのは、“湘南の音”の感覚が言葉にせずともスッと共有できたことのすごさ。東京だったら東京、ニューヨークだったらニューヨークの色や音みたいなものがあると思うんですけど、同じように湘南にも湘南の音として言いようのないものがあって。僕らは今作でそれを感じてもらいたかったので、彼らの力も借りつつ、そのリアリティは充分出せたのかなって。この感覚はたぶん、東京の人とではなかなか出せないのかなって思うんですよ。

優己 細かいギター音1つにもこだわって、湘南の1つひとつの風景を鮮明に見てもらえる音になったと思うので。僕らが住んで育ってきた街の景色を、実際そこへ行けなくても音で感じてもらいたい……まさに、「遠くの海より今すぐズシ」(アルバムのキャッチコピー)です!

──なるほどー! 確かに「Welcome To SHONAN~with Tera Ocean Mountain~」なんかは地元の地名や店の名前も入ってて景色が想像しやすかったり、なんだか聴いてるだけでそこへ行った気分になれました。

優己 それはうれしいですね。地元のやつらは、この地名を見てどこ歩いてるのか一発でわかると思うんですけど(笑)。

大雅 他の地域の人が知らない僕らの街を歌で紹介する……。そういうのを僕らもやってみたかったんですよね。

ミニアルバム「Beach Boys」 / 2013年7月3日発売 / 1700円 / フォーライフミュージックエンタテインメント / FLCF-4455
収録曲
  1. Welcome To SHONAN~with Tera Ocean Mountainier~
  2. ぶっとびマン・フィーバー
  3. HERO
  4. 湘南ラブストーリー
  5. 帰ってきたサマーウルフ
  6. 紫陽花
  7. Stay By My Side~with Tera Ocean Mountainier~
ライブ情報
逗子三兄弟 初ワンマン ~We are Beach Boys!!!~

2013年9月1日(日)東京都 WWW
OPEN 16:30 / START 17:30
チケット一般発売日:7月27日(土)

ミニアルバム「Beach Boys」発売記念インストアイベント
  • 2013年7月5日(金)神奈川県 ラゾーナ川崎 ルーファ広場 グランドステージ
  • 2013年7月7日(日)千葉県 千葉フクダ電子アリーナ
  • 2013年7月13日(土)宮城県 仙台ヒルサイドショップス&アウトレット 中庭ステージ
  • 2013年7月14日(日)宮城県 泉中央駅前広場
  • 2013年7月17日(木)愛知県 名古屋 FM愛知公録 あすなる金山
  • 2013年7月20日(土)岡山県 イオンモール倉敷 中庭ステージ
  • 2013年7月21日(日)静岡県 プレ葉ウォーク浜北 1Fプレ葉コート
  • 2013年7月28日(日)山形県 FM山形公録
  • 2013年8月3日(土)茨城県 Wonder GOO守谷店 GOOst
  • 2013年8月5日(月)三重県 イオンモール鈴鹿1F 中央コート
  • 2013年8月17日(土)長崎県 イオンモール大塔
逗子三兄弟(ずしさんきょうだい)
逗子三兄弟

神奈川・逗子に育った長男・優己、次男・大雅、三男・翔馬という実の3兄弟によるユニット。大雅の「家族でなんか面白いことやろーぜ!」という提案から2008年に結成され、翌2009年にVillage againより初の音源となるミニアルバム「逗子3兄弟」を発表した。2010年にフォーライフミュージックエンタテイメントからメジャーデビューし、これを機に「逗子3兄弟」から「逗子三兄弟」へと表記を変更。小森純と今井諒が「純白の花嫁」のビデオクリップで共演したのをきっかけに結婚したこともあり、多くの人々から注目を集める。その後、配信チャートに次々とヒット曲を送りこみ、2012年6月に1stフルアルバム「逗子三兄弟」を発表。同年11月には「純白の花嫁」で結婚した2人のひとつ手前の段階を歌ったプロポーズソング「愛言葉」を配信した。2012年には初のフルアルバム「逗子三兄弟」を発表。2013年にはメジャーデビュー曲「サマーウルフ」の続編となる「帰ってきたサマーウルフ」などを収めたミニアルバム「Beach Boys」をリリースした。