DAOKO「ステップアップLOVE」 PR

DAOKO×岡村靖幸|複雑コラボ「ステップアップLOVE」の舞台裏

やっぱりグルーヴが大切

──岡村さんは今回一緒に作業をしてみて、アーティストとしてのDAOKOさんにどういう印象を持ちましたか?

岡村 やっぱりすごく多才な人ですよね。ラップの言葉の乗せ方1つとっても独自性がある。しかもラップだけじゃなくメロディアスな曲も歌えるし、何か1つにこだわってないと言うか、ちょっと読めないぐらいの多面性があって面白いなって思います。

DAOKO ありがとうございます。とりとめなくいろんなものが好きだったりするので、多面性があるっていうのは自分でもそう思ってます。そもそもラップを始めたきっかけも「面白そうだからやってみよう」ってことだし、誰か憧れのラッパーがいて始めたわけじゃないから、わりと何にでもなれると思ってると言うか。面白いと思うことをジャンルレスにやれたらなっていう気持ちは実際あります。

──今後、特にやりたいことはあったりするんですか?

DAOKO んー、ホントやりたいことがその時々によって違うと言うか、自分の旬が移り変わるのが早くて、そのとき自分が一番美しいと思えるもの、自分の心が喜んでるって思えるものを作ることが何よりクリエイティブだなと思ってるんです。そういう作品が作れるならスタイルとかはなんでもいい。どうなってもいいです。

──今回のコラボでも新たな一面を見せた感じがありますね。

DAOKO 岡村さんと一緒にやれるってことで、最初は畏れ多い気持ちもあったんですけど、ここでビビってちゃダメだと思って。挑戦的な気持ちで臨んだつもりです。

──岡村さんとの制作を通して学んだことはありますか?

DAOKO いろいろあるけど一番はやっぱりグルーヴが大切だってことですかね。「グルーヴとはなんぞや?」みたいな感じで、ゲシュタルト崩壊するぐらいまでグルーヴのことを考えました。あとは今回ちょっとセクシーな声を探してみたと言うか、あえていつもより低めのキーで歌ってるんです。声を楽器的に捉えることができて、自分の声に対する発見みたいなものがありました。

岡村 ボーカルのキーに関してはいろいろ試してみたんです。今のキーに決めるまで、2音半上も歌ってみたりして。いろんなキーでやって最終的にちょっと低めで色っぽいのがカッコいいなと思ってトライしてもらいました。だから曲を聴いた人に、DAOKOさんの新たな面が出てるって思ってもらえたらすごくうれしいですね。

現代的な「カルアミルク」

──シングルの通常盤Aのカップリングには、DAOKOさんによる「カルアミルク」のカバーが収録されています。なぜこの曲を選んだんでしょうか?

DAOKO 岡村さんの曲で好きな曲や歌いたい曲の候補はいろいろあって、「どぉなっちゃってんだよ」もいいなとか思ってたんですけど、実際にカラオケで歌ってみたら「カルアミルク」が一番自分の声と合うんじゃないかということで。

──アレンジはORESAMAの小島英也さんが担当していますね。

DAOKO 小島さんとは初期から一緒にやらせてもらってるんですけど、今回は私から、こういう音色でここはこうしてほしいっていうリクエストを何個も伝えて作っていただきました。

──具体的には?

DAOKO 海外のインディーズバンドみたいなイメージと言うか、ドラムはタイトでちょっとアナログっぽい温かさがあって、音数も少なめで全体的にドライな感じ。歌とメロディがそもそもウェッティと言うか、しっとりしてて色っぽいから、そこが混ざるとすごくいいバランスになるんじゃないかなって思ったんですよね。

──岡村さんはDAOKOさんの「カルアミルク」を聴いていかがでしたか?

岡村 とてもいいと思いました。ただカバーしたっていうんじゃなくて彼女らしさが表れてて、アレンジも現代的で、彼女が歌う意味があったと思います。

──そして通常盤Bのカップリングには岡村さんの新曲「忘らんないよ」が収録されていますね。これは萩本欽一さん出演のドキュメンタリー映画「We Love Television?」のために書き下ろした楽曲だそうですね。

岡村 はい。オファーを受けて作りました。

──「ステップアップLOVE」もアニメの話があって作られたということですが、タイアップを意識して曲を作る“やりにくさ”みたいなものはないんでしょうか?

岡村 いや、むしろやりやすいかもしれない。需要と供給みたいなものを意識して作る分、こんな感じの曲になるっていうのが最初からなんとなく見えるので。

──映画サイドからはどんなオファーがあったんですか?

岡村 最初のリクエストは既存の曲の使用の了承のオファーだったんです。

──えっ、そうなんですか?

岡村 うん、でも映像を観てみたらものすごく違和感があって。で、結局バラードにしたんですけどね(笑)。

DAOKOの触媒力

──それにしても今回のコラボを通して、お互いに刺激を受けた部分は多々ありそうですね。

DAOKO そうですね。岡村さんはライブにしても楽曲にしても、いつも突き抜けていらっしゃるところがカッコいいなって思うんです。私はやっぱりそこまでできないから。

──DAOKOさんももっと突き抜けたい?

DAOKO うん(笑)。ちょっと中途半端でうだうだしてる感じがまた自分らしいのかなっていう気持ちもあるんですけど。でもやっぱり憧れますね。

岡村 うーん、難しい……DAOKOさんにとって激しく叫んだりパフォーマンスすることが理想ですか?

DAOKO うーん、私がいきなりやったらみんなびっくりしますよね。

岡村 (笑)。

DAOKO あ、でも床とか転げ回ったりしてみたいですよ(笑)。実際ライブになると恥ずかしさが抜けなくて、どうしても冷静になりがちなんですけど。

岡村 この前アメリカでライブやってきたんでしょ?

DAOKO はい、アニメのフェスで。

岡村 ノリのいいお客さんがたくさんいる場だとアゲアゲにならないですか?

DAOKO 求められてるのを感じて「カモーン!」みたいなことを言ってみるんですけど、でもそういう現場の熱いノリに流されると歌詞が飛んじゃうんじゃないかみたいな不安もあって。パフォーマンスがまだ未熟だからあんまり余裕がなくて、そのあたりもうちょっとキャリアを積んでいくと変わるのかもしれないです。

岡村 歌ってるときにお客さんの顔とか見てるの?

DAOKO いや、あんまり見ないようにしてます。見ちゃうと「あ、今あの人ケータイ見た」とかって思ってちょっと傷付いたりするので(笑)。岡村さんはステージに立つときはスイッチを入れてる感じがありますよね。

岡村 自然にああなるんですよね。僕も昔、過激なパフォーマンスをしてた頃もありました。

DAOKO 素敵です。

岡村 でもこの前ライブを観たときも思ったんですけど、DAOKOさんってちょっと妖艶なムードと言うかミステリアスな部分があるじゃないですか。ほかのアーティストにない引きの美学みたいなものがあって、そこはすごく差別化ができてると思いますけどね。

DAOKO うれしいです。ステージ上では自分に自信がないから必死なんですけど、その必死な姿にみんな共感してくれたりするのかなって思って、最近は開き直ってます。

岡村 いいんじゃないですか。

DAOKO 自分で思うのは、願えば叶うと言うか、私の場合「この人と一緒にやりたい」って思ったらそれが実現して形になっていくことが多くて。不思議なんですけど、そこが私の一番の才能なのかなって思ったりはします。自信があるとかじゃなくて現象としてそうなってるなって。そう感じる瞬間はありますね。

岡村 うん、DAOKOさんの触媒力はすごいと思いますよ。これからいろんなものを吸収してもっともっと大きくなっていくと思う。楽しみにしてます。

DAOKO がんばります。ありがとうございます!

DAOKO「ステップアップLOVE」
2017年10月18日発売 / TOY'S FACTORY
DAOKO「ステップアップLOVE」期間限定盤

期間限定盤 [CD+DVD]
1404円 / TFCC-89643

Amazon.co.jp

DAOKO「ステップアップLOVE」通常盤A

通常盤A [CD]
1080円 / TFCC-89644

Amazon.co.jp

DAOKO「ステップアップLOVE」通常盤B

通常盤B [CD]
1296円 / TFCC-89645

Amazon.co.jp

期間限定盤 CD収録曲
  1. ステップアップLOVE / DAOKO×岡村靖幸
  2. TOKYO-KICK-ASS / DAOKO
期間限定盤 DVD収録内容
  • 血界戦線 SPECIAL EDITION MUSIC VIDEO
通常盤A CD収録曲
  1. ステップアップLOVE / DAOKO×岡村靖幸
  2. カルアミルク / DAOKO
通常盤B CD収録曲
  1. ステップアップLOVE / DAOKO×岡村靖幸
  2. 忘らんないよ / 岡村靖幸

ライブ情報

Cygames presents DAOKO TOUR 2017-2018
"THANK YOU BLUE"
  • 2017年11月26日(日)大阪府 BIGCAT
  • 2017年11月29日(水)愛知県 THE BOTTOM LINE
  • 2017年12月2日(土)福岡県 DRUM Be-1
  • 2017年12月8日(金)宮城県 darwin
  • 2017年12月10日(日)北海道 Sound Lab mole
  • 2018年1月11日(木)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
岡村靖幸 2017 FALL~WINTER TOUR「レッド」
  • 2017年11月3日(金・祝)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
  • 2017年11月4日(土)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
  • 2017年11月8日(水)東京都 中野サンプラザホール
  • 2017年11月23日(木)大阪府 オリックス劇場
  • 2017年11月26日(日)愛知県 Zepp Nagoya
DAOKO(ダヲコ)
1997年生まれ、東京出身の女性ラップシンガー。ニコニコ動画のニコラップに投稿した楽曲で注目を集め、2012年に1stアルバム「HYPER GIRL-向こう側の女の子-」を発表。ポエトリーリーディング、美しいコーラスワーク、ラップを絶妙なバランスで織り交ぜたドリーミーな世界観で話題を呼ぶ。2015年3月にはTOY'S FACTORYよりアルバム「DAOKO」にて高校生にしてメジャデビュー。2016年4月にTeddyLoidとのタッグで学校法人・専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)の2016年度テレビCMソングを担当。同曲も収めたトリプルA面シングル「もしも僕らがGAMEの主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」を9月にリリースした。2017年2月より初の対バンツアー「“青色時代” TOUR」を開催。8月には映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌を含むニューシングル「打上花火」をリリースした。10月に岡村靖幸とのコラボレーションによるシングル「ステップアップLOVE」を発表。
岡村靖幸(オカムラヤスユキ)
1965年生まれ、神戸出身のシンガーソングライター。作曲家としての活動を経て1986年にシングル「Out of Blue」でデビュー。R&Bやソウルミュージックを昇華したファンキーなサウンド、青春や恋愛の機微を描いた歌詞などが支持され、熱狂的な人気を集める。90年代以降は作品発表のペースを落とし表舞台から姿を消すが、他アーティストへの楽曲提供やプロデュース活動は継続する。2004年には約9年ぶりのアルバム「Me-imi」をリリースし全国ツアーも実施。2011年8月にアルバム「エチケット」を2枚同時リリースし、2013年10月には6年ぶりのニューシングル「ビバナミダ」を発表した。2016年8月には約5年ぶりのオリジナルアルバム「幸福」をリリース。今年11月公開の萩本欽一のドキュメンタリー映画「We Love Television?」に書き下ろしの主題歌「忘らんないよ」を提供しており、この曲は10月リリースのDAOKOとのコラボレーションシングル「ステップアップLOVE」通常盤Bに収録されている。