お笑いナタリー

イジリー岡田のセクシーギャグ「高速ベロ」が初グッズ化

346

イジリー岡田の初グッズシリーズ「神の舌グッズ」が、全国のヴィレッジヴァンガード各店で4月30日に販売開始されることがわかった。

常人離れしたスピードで舌をペロペロと動かすことができるイジリー岡田。おもにアイドルの楽屋や宿泊先で発揮される“高速ベロ”と呼ばれるその技が、ついにグッズ化されることになった。販売されるのは「神の舌の飴&アクションカード」「神の舌のクリアファイル」「イジリー岡田&大橋裕之コラボTシャツ」の3種類だ。

「神の舌の飴&アクションカード」はポストカードと飴のセット。見る角度によってイジリー岡田の舌の動きが変化するレンチキュラー方式のポストカードに加え、 高速ベロに挑戦するための飴が2個ついてくる。イジリー岡田の顔写真が大きくプリントされた「神の舌のクリアファイル」は、紙を出し入れすることによってベロの出し入れが楽しめるクリアファイル。「イジリー岡田&大橋裕之コラボTシャツ」は、マンガ家の大橋裕之によるイラストが描かれたTシャツだ。このイラストは、アイドルの楽屋に置いてある歯ブラシを舐め回したりするイジリー岡田の姿から着想を得た絵柄になっている。

今回のグッズ発売について、イジリー岡田は「やっと話がきたかと。前々からグッズを出したかった」と喜びのコメント。「第2弾、第3弾も出したい」と意欲を見せている。現在は話題のドラマ「みんな!エスパーだよ!」(テレビ東京系)でも主人公の父親役として活躍を見せるイジリー岡田の初オフィシャルグッズをぜひ手に入れよう。           

イジリー岡田コメント

──グッズのオファーが来たときの率直な感想は?

「やっと話がきたか!」と思いました! 前々からグッズを出したかったんですけど、26年かかっちゃいました(笑)。

──高速ベロに気付いたのはいつですか?

「ギルガメッシュないと」という番組で腰痛とかに効くツボを紹介するときに、女優さんに手を触れないでエッチなことをやらなければいけないという使命が与えられて。「どうすれば絵的に面白くなるのかな?」って考えたときに思いついたのがベロなんです。27歳のときでした。最初から高速だったんで、「いいね!」ってそれがすぐに採用されて(笑)。ほかの人と違うのは、僕のベロは上下に高速で動くんですよ。たまに「俺も速いから見てください」って挑んでくる一般の方もいるんですけど、みんなベロの出し入れが高速なんですね。「ああ、上下じゃないんだ」って思って安心するっていう。ある番組で、スーパースローで撮影してもらったら、1秒間に9往復してました(笑)。

──グッズ用の撮影ではどんな苦労がありましたか?

アクションカードの撮影が大変でした。いつも速く動かしていたんで、撮影するときにちょっとずつベロを動かしてコマ撮りするのがつらくて。1回、ピキーンってベロがつりましたから(笑)。初めてですよ、ベロがつるなんて。Tシャツは、ヴィレッジヴァンガードで人気のマンガ家さんとコラボできるっていうことでうれしかったですね。クリアファイルは会議で飽きたときに紙を出し入れして遊んでもらえればと(笑)。

──歯ブラシ芸はいつやりはじめたんですか?

「アメトーーク!」のアイドル楽屋ロケの印象が強いからスペシャリストだと思っていただいていることが多いのですが、実はあれ(2007年放送)が初めてだったと思います。そもそも寝起きドッキリも4回か5回しかやったことなかったんですよ。「アメトーーク!」のあの企画で、自分の中で一番好きなのは安田美沙子ちゃんのリップクリームを食べてしまった回ですね。あれはスタジオが揺れたぞっていうくらい手応えありました(笑)。

──読者にメッセージをお願いします。

今回のグッズが好評だったら、第2弾、第3弾も出したいです!ベロを使ってまだまだできることはあるはずだと思っています。ぜひお手にとってみてください。

お笑いナタリーをフォロー