お笑いナタリー

卯月・木場が人気投票トップ、霜降り明星せいや「売れてからもう1回やろう」

165

スラッシュパイルのライブ「ギンパツ!」にて行われた「原宿女子101人に聞きました 誰が一番タイプですか?」コーナーで、1票も入らなかったことに落胆する四千頭身・後藤(左から4人目)。

スラッシュパイルのライブ「ギンパツ!」にて行われた「原宿女子101人に聞きました 誰が一番タイプですか?」コーナーで、1票も入らなかったことに落胆する四千頭身・後藤(左から4人目)。

昨日8月12日、東京・赤坂RED/THEATERにて「ギンパツ!」と題したライブが開催され、霜降り明星、卯月、四千頭身の3組が出演した。

彼らはいずれもこのライブを主催するスラッシュパイルにとってオススメの若手。オープニングトークでは、第1回となるこの「ギンパツ!」で霜降り明星と卯月が初めて顔を合わせることや、霜降り明星と四千頭身が「新しい波24」(フジテレビ)で共演していること、卯月と四千頭身が共にトリオで現在2年目の同期であることなど、3組が互いの関係を紹介していく。その後、霜降り明星と四千頭身は漫才、卯月はコントを2本ずつ披露した。

ライブ中のトークで四千頭身・都築の歯並びの悪さや舌の大きさが話題となる中、とりわけ3組が一喜一憂したのは、芸人にとって大切な女性人気を探るべく行われたコーナー「原宿女子101人に聞きました 誰が一番タイプですか?」だ。8人の中でもっとも誰が好きかを原宿の街中で女性たちに尋ね、その答えが女性たち1人ずつの写真と共に場内のスクリーンに映し出されていった。開票されるたびに8人は自分が得票したことや原宿の女性のかわいさなどに大盛り上がり。序盤の開票では霜降り明星・粗品が人気を集めながらも、最終的には卯月・木場が101票中28票で優勝した。

「写真が3歳児みたい」と指摘された四千頭身・後藤はメンバーの中で唯一、1票も獲得できずに「マジでショックです」とうなだれるが、相方・都築の提案で赤坂RED/THEATERの客席へ向けて改めて人気アンケートを取ると、それなりの票を集めて名誉を保つ。また「劇場で絶大に人気がある!」と自負する霜降り明星せいやは6票を獲得し、26票で2位となった相方・粗品とは差が開いたものの、「売れてからもう1回やろう!」と前向きに再戦を誓った。

お笑いナタリーをフォロー