お笑いナタリー

小島よしお「レゴバットマン」吹替版ですぐパンツ脱ぐキャラ、おかずクラブも参加

43

上段左から山寺宏一、小島よしお、おかずクラブ(左・オカリナ、右・ゆいP)、下段左からバットマン、ロビン、女市長、ポイズン・アイビー。

上段左から山寺宏一、小島よしお、おかずクラブ(左・オカリナ、右・ゆいP)、下段左からバットマン、ロビン、女市長、ポイズン・アイビー。

小島よしおおかずクラブが、レゴブロックをもとにした映画「LEGO(R)ムービー」シリーズ新作「レゴバットマン ザ・ムービー」の日本語吹替に参加する。

クリス・マッケイが監督を務める本作はDCコミックを代表するキャラクター・バットマンを主役にした長編アニメーション。宿敵ジョーカーのゴッサムシティ乗っ取り計画を阻止するため、普段は一匹狼のバットマンがほかのヒーローたちと力を合わせて悪に立ち向かう。

“かまってちゃん”のバットマン役は「LEGO(R)ムービー」にも出演した山寺宏一。小島よしおはすぐにパンツを脱いでしまう天真爛漫なキャラクターで、バットマンに憧れる少年・ロビンを演じる。おかずクラブは、オカリナがマライア・キャリー演じる女市長役、ゆいPがバットマンを虜にする植物女ポイズン・アイビー役に起用された。

配給会社のワーナー・ブラザース映画は、小島の起用理由について「(ロビンの姿を見て)真っ先に小島さんの存在を思いつきました(笑)。『そんなの関係ねえ』という小島さんのギャグを受け継ぐハチャメチャなロビンは、大人も子供も必ず楽しんでいただけるキャラクターに仕上がると確信しています!」とコメントを発表。おかずクラブに対しては「マライア・キャリー演じる女市長は“セクシー芸人”オカリナさんに演じていただくのがベストだと考えました。また、ゆいPさんの『これがお前らのやり方か』と発言したときの顔が忘れられなくて……。この方にポイズン・アイビーを演じていただけたら、一体どんなキャラクターになるのか興味が沸いた」と語っている。

「レゴバットマン ザ・ムービー」は4月1日(土)、東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

(c)The LEGO Group. TM & (c)DC Comics. (c)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

お笑いナタリーをフォロー