お笑いナタリー

サンキュータツオや高田文夫が語る古今亭志ん朝、心の中にずっといる

113

古今亭志ん朝の12枚組CDボックス「志ん朝 東宝」が既報の通り本日4月13日に発売された。これにあわせてソニー・ミュージックダイレクトの「来福レーベル」のオフィシャルサイトにて「志ん朝 東宝発売記念WEB企画『志ん朝師匠を語ろう。』」が展開され、高田文夫、サンキュータツオら志ん朝ファンを公言する6名が登場している。

高田は「いつも心に古今亭志ん朝」と題して志ん朝と自身の若き日の思い出を、落語会「渋谷らくご」のキュレーターでもあるサンキュータツオは志ん朝への思いを「心のどこかに『志ん朝』がずっといた」と綴った。そのほか俳優の東出昌大、コラムニストの中野翠、マンガ家で「昭和元禄落語心中」作者の雲田はるこらも、それぞれ志ん朝への思いを語っている。

「志ん朝 東宝」に収録されるのは、戦前から続いた興行「東宝名人会」における志ん朝の高座。収録音源はすべてこのたび初めて商品化されたもので、選りすぐりの34席が解説本も付いた大型ボックスで楽しめる。

お笑いナタリーをフォロー