お笑いナタリー

なすなか那須、松田名作は「僕をアニメにした感じ」新海岳人の新アニメ明日から

371

(左上から右回りに)うしろシティ金子、小野賢章、うしろシティ阿諏訪、なすなかにし那須、なすなかにし中西。

(左上から右回りに)うしろシティ金子、小野賢章、うしろシティ阿諏訪、なすなかにし那須、なすなかにし中西。

なすなかにしうしろシティが声優として参加するアニメ「あはれ!名作くん」が、明日4月8日(金)に「ビットワールド」(NHK Eテレ)でスタートする。

人気アニメ「かよえ!チュー学」の監督・新海岳人が手がける新作アニメ「あはれ!名作くん」。誰もが知るおとぎ話をパロディ化したシュールな学園コメディで、名作物語にふさわしいキャラクターを育てる学校・竜宮小を舞台に松田名作が個性的なキャラクターたちに囲まれながら物語の主人公を目指す。先日都内のスタジオで収録が行われ、メインキャストのなすなかにし、うしろシティ、小野賢章に話を聞いた。

那須が演じる松田名作は、名前とは裏腹に平凡なキャラクター。那須は「漫才してるときと同じくツッコミキャラでもありますし、普段通りの僕。新海さんがそういうふうに作ってくださっているので、僕をアニメにした感じです」と説明する。阿諏訪も自身が担当するノキオに近いところがあるといい、「声優は難しいけれど、ナルシストなキャラなのでやりやすい。僕でもこういうこと言うなって思いながらやってます」と笑った。

桃のフォルムが特徴的な、ハイテンションのスイーツを演じるのはなすなか中西。「一言でいうとバカなキャラクター。大きな声でしゃべったり叫んだりするので、収録するごとに喉の損傷が激しい。できてあと3話やと思ってます」と身を削って役に臨む。見た目がかわいらしいことから「一番人気が出るであろうと確信いたしました。母性本能をくすぐる感じは、腐女子にたまらないと思います」と自信も覗かせる。

うしろシティ金子が担当するむすびの外見はおむすびそのもの。役作りについて金子は「見た目はおむずびだからかわいいんですが、悪いことも言うんです。毒を吐いてもバレないような言い方は普段から気をつけているので(笑)、それをうまく表現できたらいいなと思います」と話す。ほかの4人から人気の“ヤバい奴”ボルトを演じるのは小野。テンポの速い掛け合いが笑いを誘う芸人との会話劇に、「(普段の現場とは)全然違いますね。すごく面白いです」と楽しんでいる様子だった。

ビットワールド

NHK Eテレ 毎週金曜 18:20~18:55

お笑いナタリーをフォロー