お笑いナタリー

映画イベントでダチョウ倶楽部が「友達でーきーたー!」披露

38

昨日4月23日、都内にて映画「ラン・オールナイト」の試写会イベントが行われ、ダチョウ倶楽部が登壇した。

「ラン・オールナイト」は、ニューヨークが舞台のアクション映画。マフィアや最強の暗殺者、買収された警察などに命を狙われた主人公のサバイバルを描くスリリングな作品だ。

寺門は、主役を演じるリーアム・ニーソンの強さに感銘を受けた様子で「リーアム作品の中では一番リアルであり、最高傑作です」と本作を絶賛。肥後と上島に「常に危機的状況に備えないといけないんだよ!」と警告し、一瞬の判断力を鍛え直すサバイバル講座をレクチャーしていく。

まず肥後に対して「犬と猫のどちらを取るべきか」を質問する寺門。迷わず「犬」と答えた肥後を「その瞬発力はすごい。サバイバル力が高い!」と褒め称えた。寺門は続けて上島に「有吉と土田、どっちかを選ばないと死ぬ」という2択を突き付けるが、上島はどちらかを選べずおどおどした素振りを見せたままタイムアップに。寺門は「遅すぎるよ! 2人とも後輩だろ、なんで選べないんだよ」とダメ出し。どちらを選ぶかではなく一瞬で判断することの大切さを示した。

しかし上島と肥後からは「このテンションがめんどくさい!」「ジモンがしゃべりすぎて打合せにならない!」と、その熱さに不満が噴出。肥後は「銃を構えているリーアムが寺門、それから逃げている2人がまるで俺と上島のようだ」と、自分たちを映画ポスターに例えて解説する。

3人は揉め始めてしまうが、取っ組み合ったあとには「友達でーきーたー!」と新ギャグを披露。最後は3人が仲直りし、大賑わいの中イベントは終了した。

映画「ラン・オールナイト」は5月16日(土)より全国ロードショー。

お笑いナタリーをフォロー