お笑いナタリー

品川、キム兄ら京都でレッドカーペット歩く

27

「京都国際映画祭」のオープニングセレモニーが昨日10月16日に京都・祇園甲部歌舞練場で開催され、木村祐一、品川庄司・品川ヒロシらが出席した。

セレモニーには映画祭で上映される作品のキャストや監督など関係者が多く登場。品川は最新作「Zアイランド」(配給:KADOKAWA / 吉本興業)の監督として、木村や本作の主演・哀川翔とともにレッドカーペットを歩いた。作品の仮タイトルもこのたび「Zアイランド」に正式決定している。

「Zアイランド」は既報の通り哀川翔の芸能生活30周年を記念して制作されたもの。千鳥・大悟、野性爆弾・川島らも出演する。来年2015年に公開される予定だ。

「京都国際映画祭」は「映画もアートもその他もぜんぶ」をコンセプトにした新たな映画祭。京都・よしもと祇園花月をメイン会場に10月19日(日)まで開催される。開幕の挨拶には笑福亭仁鶴が登場し「伝統芸能を世界へ発信しようという内容は京都にぴったり。京都のみなさんに賛同していただくのが一番の力になる」と話した。

お笑いナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】