お笑いナタリー

大喜利&あかりドッキリが特典に、ウレロ3オールアップ

208

毎週金曜深夜放送中の、劇団ひとりバカリズム東京03、早見あかり出演「ウレロ☆未体験少女」(テレビ東京系)が、昨日3月11日の収録をもってオールアップを迎えた。

2011年10月にスタートした「ウレロ☆未確認少女」から2年が経ち、シーズン3として放送されている今回のウレロシリーズ。昨年2013年11月に始まった収録は毎回ハズレなしの大盛り上がりで、あっという間に終わりのときを迎えてしまった。昨日はリハーサルの合間に、“ウレロ名物”となっているDVD用新作特典映像の収録も。バカリズムと早見による人気ユニット・あかリズムは、バカリズム作のセリフの多い掛け合いコントに早見が苦戦。終始真剣な表情で臨むも、「最後なのに」とポロッと漏らしてしまい、慌ててフォローしながら2人で笑い合っていた。

またもう1本撮影された特典映像では、ウレロメンバーが一発本番のガチ大喜利に挑戦。難なくこなすバカリズム、無難な豊本、下ネタ大好きひとり、そして気になる角田の実力とは。さらに、ここでまさかの早見ドッキリを敢行。なんの疑いもなく台本通りに登場した早見に大喜利の罠が襲い掛かる。気になる結末はDVDでぜひチェックしてみよう。

最終回となった本番の収録も大きな笑いに包まれて無事終了。観客への挨拶では、ひとりが「シーズン3まできましたから、続きもあるんじゃない?」と言い出した。出演者と観客は、これまで全員の夢を叶えてきた“佐久間ジョブズ”こと佐久間宣行プロデューサーのほうをチラリ。「おい! 佐久間!」とひとりが追い詰めると、佐久間Pは「番組のかつあげだよ!」と苦笑していた。また、3月17日に19歳の誕生日を迎える早見をスペシャルケーキでお祝い。シーズン1では16歳だった早見の「20歳まで続けたい」という夢が間近に迫り、シーズン4実現に向けて、再び全員でしっかりと佐久間にプレッシャーをかけていた。

放送は今週3月14日(金)で第10話。架空アイドル・かこかりんをめぐってライバル会社GCKと対立していた@川島プロダクションだが、前回偶然にもかこかりんの2ndシングルが見事に誕生した。残り3回となった「ウレロ☆未体験少女」をぜひお見逃しなく。

ウレロ☆未体験少女 第10話「うちのプロデューサー」

テレビ東京系 2014年3月14日(金) 25:07 ~25:38
<出演者>
劇団ひとり / バカリズム / 東京03 / 早見あかり
ゲスト:玉城ティナ

お笑いナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】