ナタリー PowerPush - MUSIC FRIDAY #21 Hemenway

音楽番組新時代の幕開け

Google が提供するレギュラープログラム「MUSIC FRIDAY on Google+ | YouTube」が金曜日22:00より YouTube でオンエアされている。これは毎回1組のアーティストをフィーチャーし、その魅力に迫る音楽番組。番組配信の前には特集アーティストの Google+ オフィシャルアカウントとオフィシャルコミュニティが開設され、視聴者はコミュニティを通じて直接番組に参加することができる。年内最後の配信となる12月13日の第21回ではHemenwayがゲストとして登場し、全世界どこでも互いの顔を見ながら同時に会話できるハングアウト機能を利用してファンとの交流を楽しんだほか、スタジオでのライブパフォーマンスを披露した。

 
mixiチェック

「MUSIC FRIDAY」の楽しみ方

Google+ でアーティストをフォロー
まずは各アーティストの Google+ ページをフォローして最新情報をチェック。なお、J-Pop on Google+ ページをフォローしておくと「MUSIC FRIDAY」の新着情報をリアルタイムでチェックすることもできます。
アーティストの Google+ コミュニティでスペシャル企画に参加
コミュニティに参加すると、メッセージや質問の投稿、ビデオチャット企画へのエントリーが可能になります。企画の詳細は毎回アーティストのオフィシャルコミュニティで発表されます。番組が終わった後もファン同士で情報交換するために活用できます。
アーティストの YouTube チャンネルに登録
アーティストのオフィシャル YouTube チャンネルに登録すると、新着動画やライブ配信情報などの最新動向のお知らせを受け取ることができます。

Hemenway 12月13日配信 アーカイブ

この日の番組はHemenwayのスタジオライブで幕開け。彼らは「あのさ」「スタート革命」の2曲をアコースティックギター2本とベース、カホンという普段とは異なる編成とアレンジで披露した。12月25日にリリースする1stアルバム「The Music」についてのトークではCharm(G)が「生みの苦しみはあったものの終わってみれば楽しかった」と制作のエピソードを明かす。また新藤晴一(ポルノグラフィティ)が作詞を手がけた新曲「半分人間」の話題になるとIsaac(Vo, G)は「アメリカにいた頃からポルノグラフィティを聴いていたのでスタジオで一緒に作業できてうれしかった」と笑顔で語った。ファンからの投稿を紹介するコーナーではアルバム「The Music」をイメージして描かれたというパフェの絵からメンバーそれぞれの好きなスイーツの話題へ。Isaacが「パフェと赤福」、Charmが「あずき」、Ogaching(B)が「最中」、Toshi(Dr)が「どら焼き」と答え和菓子の話で盛り上がった。続いて行われたのはハングアウト機能を使ってファンと交流をするビデオチャットのコーナー。この日は「半分人間」のジャケットをメンバーが描き、ビデオチャットに参加したファンが勝敗を決定するというイラスト対決が実施された。各々が個性の光る作品を見せる中、体が宇宙飛行士、頭が馬という絵を描いたOgachingが見事優勝。Ogachingは「僕も来年は宇宙に行けるくらい爆走したい」とコメントを残した。最後は再びライブパフォーマンスへ。Charmが演奏するキーボードの伴奏でIsaacがしっとりと「Will You Stay?」を聴かせたあとは4人でアップテンポな「Listen」「Escape」をプレイし、この日の放送を締めくくった。

Hemenway フォトギャラリー

Hemenway(へめんうぇい)
Hemenway

アメリカ・バークリー音楽大学を卒業した韓国系アメリカ人のIsaac(Vo, G)、Charm(G)、日本人のOgaching(B)、Toshi(Dr)の4人からなるロックバンド。2010年にIsaacとCharmが来日し、日本に帰国していたOgachingとToshiとともにバンドを結成した。2011年11月にメジャーデビューシングル「Listen」を発売。アメリカで学んだ音楽理論や技術を反映したハイクオリティなサウンド、美しいメロディ、日本語と英語を柔軟に交えた情感豊かな歌詞で注目を集め、2012年1月リリースのシングル「バイマイサイド」はアニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のエンディングテーマに採用された。同年5月にアニメ「エウレカセブンAO」のオープニングテーマであるニューシングル「Escape」を、11月には配信限定のミニアルバム「裏ヘメ Welcome to the Other Side」をリリースした。2013年に入ってからは10カ月連続新曲リリースおよび連続ライブを実施し、同年12月に待望の1stフルアルバム「The Music」を発表。