音楽ナタリー Power Push - Little Glee Monster

「チームワーク」「パフォーマンス」「歌うま」3ペア3テーマで語るリトグリの成長とその過程

Little Glee Monsterがニューシングル「好きだ。」をリリースした。本作の表題曲はTBS系金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」の主題歌で、カップリング曲の1つ「書きかけの未来」は彼女たちも出演中のNHK BSプレミアムのドラマ「オンナミチ」にて挿入歌として使用されている。

本作の発売を記念して、音楽ナタリーではメンバー6人を3ペアに分けた形でインタビューを実施。結成時から仲がよかったという芹奈とかれんにはリトグリのチームワークについて、一見“クールキャラ”同士のMAYUと麻珠にはパフォーマンスについて聞いた。そしてステージでは対照的な立ち位置ながらプライベートはいつも一緒だというmanakaとアサヒからは“リトグリらしさ”とは何かについて話してもらった。

取材・文 / 鵜飼亮次 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

かれん&芹奈インタビュー

ドラマ主題歌に選ばれて

──7月にスタートしたドラマ「表参道高校合唱部!」もいよいよ終盤を迎えましたね。

芹奈

芹奈 はい、メンバーみんな毎週観てます。

かれん 一視聴者としてドラマを観るので、自分たちの曲が流れるのはすごく不思議な感じです(笑)。

──前のシングル(「人生は一度きり / ガオガオ・オールスター」)のときはCMソングとテレビアニメ「ポケットモンスターXY」のエンディングテーマに選ばれて。今度はドラマの主題歌として自分たちの曲が流れるとほかのタイアップと比べて違って聞こえますか?

芹奈 そうですね、ドラマは初めてのことですし。

かれん 好きなドラマって主題歌もずっと忘れないですよね。たくさんの人の思い出に残る主題歌をリトグリが担当できたというのはすごくうれしいです。

結束が固まっていった

──お2人はドラマの主人公である合唱部員と同学年ですね。ドラマを観ていて、主人公たちが合唱や部を盛り上げようと努力する姿に共感を覚えることはありますか?

芹奈 はい。リトグリもあの合唱部みたいな感じというか、みんなで一緒に音楽を作り上げていく、みたいなところが似てるなあって思います。

──ドラマでは登場人物がしょっちゅうモメているので、みんなでひとつになっていくのってすごく大変なことだなって思います。リトグリもひとつにまとまっていく過程でいろんな努力や苦労があったのではないでしょうか。

芹奈 リトグリができてすぐのときは1人ひとりに壁がありましたね。私とかれんは大阪でずっと一緒に歌ってきたからいろいろ正直に話せたけど、私たち以外はみんな初対面やったからライバル意識も今以上に高くて、「自分が絶対に勝つ」って気持ちからよくモメました(笑)。

かれん バチバチした空気だったね。

芹奈 うん。でもあるときポロッと悩みを話したら意外とほかのメンバーが真剣に相談に乗ってくれて、それ以来だんだん絆が深まって。

かれん 毎日一緒にいて長い時間を過ごす中で、どんどん結束した感じでね。

芹奈 それに、ぶつかった時期があったから今こんなに信頼できてるのかな。何もなくてここまできていたらこんなに仲良くなかったと思うし。今はすごく家族みたいな、ホントに大切な存在になりました。

ワンカットMVに出た素の自分たち

──「好きだ。」のミュージックビデオでは、皆さんはワンカットの映像で生歌を歌いながら家の中を動き回っています。あの複雑な動きを息ぴったりで、しかも楽しそうにできるのはリトグリならではだと思いました。

かれん そうですね。あれは素で、ホントにリラックスして楽しんでます。

芹奈 なんかもう楽屋?って感じで(笑)。「Girls be Free!」のMVもリトグリらしいんですけど、あっちは音楽的なリトグリらしさというか。

──声を合わせたり、日用品でリズミカルに音を出したりするっていうようなテクニカルな部分ですね。

芹奈 はい。でも今回のMVは「素を出しすぎやろ」みたいな(笑)、自分たちのプライベートの雰囲気を表現できてて。だから私たち自身も観てて楽しめます。

──撮影にどれぐらいの時間をかけたんですか?

かれん 2日間ですね。前日からリハーサルして撮影当日の朝もちょっと練習して本番にっていう。

芹奈 夕方になったら撮れないから時間との勝負で。ほぼ休憩なしでした。

──大変ですね。だから無事に曲が終わったあとの皆さんはあんなに大はしゃぎで(笑)。

かれん そうなんですよ! 「フー!」みたいなことをずっと言ってる(笑)。

自分たちにはフレッシュすぎる

かれん

──「好きだ。」は楽曲としては疾走感いっぱいの、青春ドラマ向きのナンバーですね。

芹奈 そう、それにリトグリの曲の中でもかなりさわやかな感じですよね。最初はフレッシュすぎて歌えるのかって思いました(笑)。

──それはなぜでしょうか?

芹奈 声ですね。自分たちはフレッシュだと思うんですけど、声でそれをどう表現できるかなってすごく悩みました。

かれん 私は「キーがちょっと高いな」って思ってました。ライブとかでは動きながら歌うから声を出せるかなあっていうのが心配でしたね。でもやってみたら歌えて、その結果ホントにたくさんの方から「耳から離れない」と言ってもらえたのでうれしかったです。

リスナーの層を広げた

──カップリングの「書きかけの未来」はいかがでしたか。いしわたり淳治さんが作詞を担当した、背中を押すような内容のナンバーですね。

芹奈 大人な感じというか、大人の方も聴ける曲だなって思いました。今までの私たちの曲はほとんど同世代の人たちが共感できるものが多かったと思うんですけど、今回の曲は働く女性の方が主人公のドラマ「オンナミチ」の挿入歌として、応援というか、前向きにさせられる曲かなって思います。だから、聴いてくれる人の年齢層が広がるだろうって。

──そして「CUPS (WHEN I’M GONE)」はアナ・ケンドリックのカバーですね。

かれん はい。メンバーみんなが好きな映画「ピッチ・パーフェクト」の挿入歌なんですけど。

左からかれん、芹奈。

芹奈 ずっとやりたいって思ってた曲で、やっとシングルに入れることができてうれしかったです。もともとワンコーラスだけYouTubeで公開してたんですけど、そのバージョンとはリズムもちょっと変えて、明るくなってます。

かれん あと歌で言うと、英語の発音が難しかったですね。英語を教えてくれる外国人の方がいて、レコーディングしながらけっこう細かく発音を指導してもらってたんですけど。

芹奈 難しかった(笑)。だから、CDで聴いたときにめっちゃ発音いいやん!みたいな。ライブで歌ったらそんなには……かもしれないですけど(笑)。

──あはは(笑)。そうなんですか。この曲は今やっている全国ツアーでも披露しているんですか。

かれん はい。この曲では手を叩くとか、体を使ってパフォーマンスしてるんです。

芹奈 ね。ライブでは、そういうこともチャレンジしてます。

ニューシングル「好きだ。」2015年9月23日発売 / Sony Music Records
初回限定盤 [CD+DVD] 1700円 / SRCL-8883~4 / Amazon.co.jp
通常盤 [CD] 1300円 / SRCL-8885 / Amazon.co.jp
CD収録曲
  1. 好きだ。
  2. 書きかけの未来
  3. CUPS (WHEN I’M GONE)
  4. HARMONY -Live on 2014.11.24-
  5. 好きだ。-instrumental-(初回限定盤のみ収録)
初回限定盤DVD収録内容
  • 好きだ。
  • 好きだ。メイキング
Little Glee Monster LIVE TOUR 2015 ~リトグリ、秋のガオッとオールJAPAN!!~(※終了分は割愛)
  • 2015年9月26日(土)神奈川県 club Lizard YOKOHAMA
  • 2015年10月3日(土)埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
  • 2015年10月12日(月・祝)千葉県 千葉LOOK
  • 2015年10月17日(土)山梨県 GAZ KOFU
  • 2015年10月24日(土)宮城県 darwin
  • 2015年10月25日(日)福島県 CLUB#9
  • 2015年11月29日(日)東京都 EX THEATER ROPPONGI
冬のガオフェス2015
  • 2015年12月13日(日)東京都 TOKYO DOME CITY HALL
Little Glee Monster(リトルグリーモンスター)

Little Glee Monster

2013年5月より活動をスタートさせたガールズボーカルグループ。メンバーは高校2年生の芹奈、かれん、麻珠、1年生のMAYU、アサヒ、中学3年生のmanakaの6人。2014年3月にプレデビューミニアルバム「Little Glee Monster」をLoppi&HMV限定でリリース。同年10月にはシングル「放課後ハイファイブ」でメジャーデビューを果たし、11月に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで行われた初めての単独公演をソールドアウトさせる。2015年9月にTBS系金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」の主題歌「好きだ。」と、自身も出演しているNHK BSプレミアムのドラマ「オンナミチ」挿入歌「書きかけの未来」などを収録した4thシングルをリリースし、同月より全国ツアー「LIVE TOUR 2015 ~リトグリ、秋のガオッとオールJAPAN!!~」を展開中。12月には東京・TOKYO DOME CITY HALLにて自主イベントを開催する。