ナタリー PowerPush - Daybreakers

参加アーティスト7人による全曲解説

6人のボーカリストと1人のギタリストから構成されたスペシャルユニット、Daybreakersがアルバム「Return To ZERO」をリリースした。Daybreakersとは「喪失からの再生」というテーマを、音楽や歌詞、物語、映像、演劇などで表現するプロジェクト。このテーマがダイレクトに反映されたアルバム「Return To ZERO」は、架空のシナリオに沿ってストーリーが展開していくコンセプトアルバムに仕上がっている。

今回ナタリーではこのアルバムの発売を記念した特集を展開。相川七瀬、星村麻衣、中ノ森文子、HISATO(伊崎央登)、折井あゆみ、erica、海賊王(王族BAND)というDaybreakersのメンバー7人にアルバム収録曲を1曲ずつ解説してもらった。キャリアやジャンル、スタイルが異なる7人のアーティストが「Return To ZERO」というアルバムを通して伝えたい思いを、この特集から感じてほしい。

構成・文 / 西廣智一

 
mixiチェック

試聴する 01. the END of the world / Inst

海賊王
ガットギターの音色が、始まりに相応しいと感じて、初めてアプローチしました。ストリングスとのアンサンブルが心地よく響いたと思います。

試聴する 02. confession / 中ノ森文子

中ノ森文子
最初にこの曲を聴いたときは、「おお、激しいー!」というのが正直な感想でした。ここまでサウンドがガツンとくる楽曲は今まで歌ったことがなかったため、「どういうふうに表現をしようか?」「どんな形でこの曲に溶け込むべきか?」など……いろんなことが同時に頭の中を駆け巡って。いつも私が歌っているような楽曲とはまったく違ったため、「聴いてくれる人たちを驚かせたい!」「ファンの方たちを驚かせたい!」と今回の軸となるストーリーを寸分の狂いもなく、私のフィルターを通して表現したいという思いがありました。特に印象的なフレーズは、一番最後に出てくる「世界の破滅の前に……」。「何かが起こってからでは遅い!」といい意味で現実に引き戻してくれる、目を覚まさせてくれるワードです。
海賊王
シンセの雰囲気と中ノ森さんの歌い方に合わせ、極力音数を控えめにしたロックサウンドに仕上がっています。

試聴する 03. 素晴らしき日々 / HISATO(伊崎央登)

HISATO
この曲を最初に聴いたとき、前向きに考えようとしてもそれが現実にならないもどかしさ、孤独を感じて。諦めのような感覚で途方に暮れる、そういった部分に対して素直に共感が持てました。「昔の自分に戻りたい、過去に戻りたいけどそれはできない」って、一度は考えたことがある人も多いと思う。だけど前に進むしかない。なのに、その一歩が歩みだせないときってあると思うんです。人生において大なり小なり起こる問題は、実はそんなに難しいことではなく、誰しもに起こりうる。でも、その瞬間はすべてを失うのではないかという恐怖を感じていることが自分にもよくあります。素晴らしき日々、変えることができない過去を振り返っても今は何も変わらない。だからこそ今この一瞬を全身で感じてほしいと思います。
海賊王
唯一の男性ボーカルで、僕の好きな声だったので今までの自分にないような重低音で弾き切りました。

試聴する 04. Loneliness in Labyrinth / 星村麻衣

星村麻衣
この曲を聴いたとき、正直「そうきたか!」と。今まで自分が歌ったことのない感じで、最初は戸惑いました(笑)。でも、だからこそチャレンジしてみようと思わせてくれる曲でもありました。歌詞は全体的にダークな世界観で、「闇」とか「暗黒」とか絶望的なワードも出てきます。だからこそ、「捜す 捜す 明日の行方を」というフレーズに強さを感じます。とにかく張り裂けそうな感情を自分なりにストレートに、そして大きく出して歌うことを心がけました。
海賊王
2曲目「confession」と同様、ギター的な主張は少なめに。特にリズム隊を意識して弾きました。

試聴する 05. 隠れた地図 / erica

erica
人って誰しも楽しいこともあればつらいこともあって、光があれば影があるようにいつも背中合わせなのだと思います。特に「影」の部分は見えにくいし、私自身今まで特別そこにスポットを当てて曲を書くことがなかったので今回この作品に参加させていただけたことで、今まで触れてこなかった私の経験の中から「影」の部分にスポットを当てて作詞を書くことができました。普段歌ってる曲の色が「白」だとすれば、この曲はまさに「黒」。そんな、いつもとは違ったもう1人のericaをぜひ聴いていただけたらうれしいです。
海賊王
この曲と「Loneliness in Labyrinth」は生ベースを取り入れているので、生ならではのグルーヴ感を味わってほしいですね。

試聴する 06. 希望の鐘 / 相川七瀬

相川七瀬
自分自身の曲にはなかったタイプの曲調と歌詞の世界に仕上がりました。最初に歌詞をいただいたときには鳥肌が立ち、レコーディングを進めていくにつれて世界観が自分の歌とシンクロしてきたと思います。大事な人を守るために行動する思い……そんなメッセージがたくさん詰まっている歌です。
海賊王
12弦ギターの空間と激しいギターの対比が聴きどころです。伸びやかな歌声も素敵ですね。

コンセプトアルバム「Return To ZERO」 / 2011年10月5日発売 / 2800円(税込) / Royal Records / YZSM-10002

  • Amazon.co.jpへ
CD収録曲
  1. the END of the world / Inst
  2. confession / 中ノ森文子
  3. 素晴らしき日々 / HISATO(伊崎央登)
  4. Loneliness in Labyrinth / 星村麻衣
  5. 隠れた地図 / erica
  6. 希望の鐘 / 相川七瀬
  7. time has come ~雪解けの時 / 中ノ森文子
  8. Days / 星村麻衣
  9. 名もなき花 / 折井あゆみ
  10. believe myself / HISATO(伊崎央登)
  11. Brand-new Blue-sky / erica
  12. NEW WORLD / 折井あゆみ
  13. REALIZE / 相川七瀬
  14. the BEGINNING of the world / Inst
  15. Return To ZERO /Daybreakers
Daybreakers(でいぶれいかーず)

相川七瀬、星村麻衣、中ノ森文子(ex. 中ノ森BAND)、HISATO(伊崎央登 / ex. FLAME)、折井あゆみ(ex. AKB48)、ericaといったボーカリストと、王族BANDのギタリスト・海賊王から構成された期間限定ユニット。「喪失からの再生」をテーマに、架空のストーリーに沿って表現されるコンセプトアルバム「Return To ZERO」を2011年10月5日にリリース。各アーティストがミュージシャン兼ストーリーテラーとして、個々の活動では見ることができない新たな表現をアルバムの中で展開している。