ナタリー PowerPush - THE BOHEMIANS

ビッグマウスな新世代「ロックンロールアイドル」デビュー

毛皮のマリーズの志磨遼平もフェイバリットに挙げているというTHE BOHEMIANSがアルバム「憧れられたい」でメジャーデビュー。60~70年代を中心とした王道のロックンロールが基本のバンドサウンド、「こんなにわかりやすくていいのか!?」と驚いてしまうほどのポップネス、そして、「ロックンロールはアイドルソング。売れなきゃ意味ない」と言い切るフロントマン・平田ぱんだのキャラクターも含め、今年後半、もっとも注目すべきニューカマーと言っていいと思う。単なるビッグマウスか、新しいロックンロールアイドルの誕生か。それはあなた自身の耳と身体で確かめてみてほしい。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 中西求

 
mixiチェック

BEADY EYE、あんなつまらないもの久しぶりに観ました

──ニューアルバム「憧れられたい」ですが、王道のロックンロールでありつつ、カラフルなポップ感もたっぷりあって。これはかなり手ごたえがあるんじゃないですか?

インタビュー風景

平田ぱんだ(Vo) そうですね。まあ、次はもっと名盤になりますけどね。もう曲の原型が揃ってきてるんですけど、「これは売れるな」って思ってる。今回のアルバムもいいけど、売れるかどうかはわかんない。

──どうして?

平田 なんですかね? 一瞬聴いただけで「おお、いいじゃん」っていう曲ばっかりだったら、きっと売れると思うんですよ。今回は「俺は好きなんだけど」っていう感じなのかな。中学生の俺にとってはどうだろう?とか。高校のときの俺だったら、大丈夫だと思うんだけど。

──普通は高校くらいですよね、ロックに目覚めるのって。

平田 そうですね。俺も中学のときは、THE BLUE HEARTSをポップスとして聴いてましたから。THE HIGH-LOWSからですね、ロックンロールを知ったのは。

──ガツンと来た?

平田 というか、「ガツン」の正体がロックンロールだってわかった。THE HIGH-LOWSに説明してもらった感じ。

──なるほど。ほかのメンバーはどうですか? それぞれ、ロックンロールの洗礼を受けた瞬間があると思うんですが。

ビートりょう(G) THE BEATLESは中学くらいから好きだったんですけど、ロックンロールってことになると、やっぱり高校生になってからですね。THE ROLLING STONESとか……。

平田 「(りょうに向かって)SEX PISTOLSを知って、ストーンズの聴き方がわかった」って言ってたじゃん。あの話は良かったな。

りょう (笑)。ホントにそうなんですよね。THE ROLLING STONESのCDは持ってたんだけど、あんまり聴いてなかったんです。でも、ピストルズを聴き始めてから、ストーンズの良さみたいなものもわかってきて。

平田 ピストルズの映像、めちゃくちゃカッコいいからね。

りょう うん。格好とか、やり方とか。

平田 パンクを期待して聞くと「あれ?」ってなっちゃうんだけど、映像を見たら「すげえ!」って。ジョニー・ロットンはベスト5に入るね。

本間ドミノ先生(Key) なんのベスト5?

平田 最高のボーカリストの。頭悪そうに見せようとしてんのに、頭いいのを隠せてないところとか、ものすごく好き。イギー・ポップもそうだけど。

──星川さんは?

インタビュー風景

星川ドントレットミーダウン(B) 中学、高校くらいまではけっこうなんでも聴いてたんですけど、THE BEATLESとかに興味を持つきっかけはやっぱりOASISですね。そこから60~70年代の音楽を聞くようになって……。

平田 ちょっとBEADY EYEの話していい?

──(笑)。なんですか?

平田 サマソニ(SUMMER SONIC 2011)で見たんですけど、クソっすね。あんなつまんないもの、久しぶりに見ました。やっぱりノエルの曲じゃないとダメ。

星川 ノエルの曲をリアムが歌うっていうのがいいんだよね。BEADY EYEも曲はいいと思うけど、あんまり覚えてないというか。

平田 BEADY EYEがつまんなかったから、THE STROKESを観るのもやめっちゃったんですよ。どうせつまんねえだろうと思って。サマソニ、ほんとつまんなくて……でも、アヴリル・ラヴィーンはすげえ良かった。めちゃくちゃハシャギましたよ。やっぱり、あれくらいわかりやすくないと売れないんですよね。

──アルバムもカッコいいしね、アヴリル。では、本間さん。

本間 ロックにのめり込んだのは大学に入ってからですね。この人(平田)はTHE HIGH-LOWSが好きで、この人(りょう)は昔のロックが好きで。あとは「snoozer」とかを読んでたから、USインディとか……。

平田 インディ聴いてりゃカッコいい、って感じだったから。くせえって思ってたけど。

本間 (笑)。まあ、とりあえず、この2人の影響は大きいです。

チバ・オライリー(と無法の世界) a.k.a ジャン(Dr) 僕はTHE YELLOW MONKEYですね。ライブビデオをよく見てたんですけど、オフショットというか、釣りして遊んだりしてる映像も入ってて。ロックバンドって、こんな遊んでばっかなんだ。それであんなに人気があるなんて、いいなって思ってました(笑)。

メジャーデビューアルバム「憧れられたい」 / 2011年8月31日発売 / 2500円(税込) / フォーライフミュージックエンタテイメント / FLCF-4397

  • Amazon.co.jpへ
CD収録曲
  1. メイビリーン
  2. 夢と理想のフェスティバルに行きたい
  3. パーフェクトライフ
  4. ガール女モーターサイクル
  5. THE ROBELETS
  6. Goodmusictime!!
  7. 太陽ロールバンド
  8. 私のシンフォニー
  9. 王国の謎
  10. 憧れられたい
  11. FaFaFa (素敵じゃないか)
  12. 五人の若者劇場『タイムマシーン秘話』

THE BOHEMIANS

THE BOHEMIANS(ぼへみあんず)

妖艶でグラマラスなルックスと、UKロックの系譜に連なるポップな楽曲、荒々しくも骨太なバンドサウンドで人気を拡大中の「ロックンロールアイドル」。同じ大学で同じ学科だった平田ぱんだ(Vo)とビートりょう(G)によって2004年に結成される。その後、本間ドミノ先生(Key)を迎えて山形と仙台のライブハウスを中心に活動を開始。大学卒業後に東京へと拠点を移し、星川ドントレットミーダウン(B)とチバ・オライリー(と無法の世界)a.k.a ジャン(Dr)が参加して現在のメンバーとなる。2011年にフォーライフよりメジャーデビューアルバム「憧れられたい」をリリースする。