ナタリー PowerPush - 相沢舞

人気声優がアーティストに成長する

「日常」「未来日記」などのテレビアニメで主要キャストを務めてきた人気声優、相沢舞が配信シングル「キミニトドケ」をリリースする。これまでアニメのキャラクターソングを歌うことはあったものの、アニメが絡まない単独名義での楽曲発表はこれが初めて。トラックメイカー / ソロアーティストのfu_mouが作詞、作曲、編曲を手がけるこの楽曲で、本格的な歌手デビューを果たすことになる。

今回のインタビューでは相沢のアーティストとしての側面にスポットを当て、彼女の音楽的基盤や歌手デビューまでの道のりについて語ってもらった。

取材・文 / 西廣智一 インタビュー撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

シンセサイザーってレーザー光線も出るものだと思ってた

──最初に歌を意識したのはいつ頃ですか?

インタビュー写真

子供の頃、お正月に親戚が集まったところで、私が美空ひばりさんの「東京キッド」を歌ったときですかね(笑)。おばあちゃんが歌っていたのをそばで聴いていて、知らないうちに覚えていたんですけど、私が歌うとみんなが喜んでくれてたのが印象に残ってます。

──人前で歌うことには抵抗はなかった?

元々歌うことが好きだったし、今よりも人前に出たがる子だったんです。小学校の学芸会では役のオーディションがあったんですけど、積極的に受けにいってたし。今より貪欲だったのかも(笑)。

──子供の頃はどういう音楽を聴いてましたか?

その頃からアニメが好きで、ロボットアニメのテーマ曲をよく聴いてました。あとは小室哲哉さんや浅倉大介さんの曲も好きで。当時は小室さんや浅倉さんのライブのイメージで、シンセサイザーってレーザー光線も出るものだと勝手に思い込んでたんです(笑)。それくらい楽器には疎かったんですね。母が保母さんだったので家にエレクトーンがあったんですけど、そもそもうちの母がそんなに弾けなくて(笑)。だからなのか、子供にも弾かせようとは思わなかったみたいなんです。

──じゃあ、中学生や高校生の頃もアニメ音楽を中心に聴いていた?

高校生になるとちょっと趣味が変わってきて、カヒミ・カリィさんやCorneliusさん、小沢健二さん、椎名林檎さんを聴くようになりました。その頃になると、友達と一緒にSOPHIAさんとかいろんなアーティストのライブを観に行って。ライブはどちらかというと一緒に騒いで楽しむことが目的だったので、バンドものが多かった気がします。

歌手を目指すきっかけはアニソンシンガーの生歌

──子供の頃から歌うことが好きだった相沢さんですが、歌手になりたいと考えたことはありましたか?

インタビュー写真

あります。実は小学生の頃、歌手になりたいと思ったきっかけがあって。学校でオブジェコンテストがあって、私のクラスの作品が入賞したんです。その授賞式にアニメソングを歌う女性歌手の方が出席したんですけど、その人の歌声を生で聴いたら圧倒されて。子供心に「歌ってすごいな」と感動して、自分も同じように人を感動させられる歌手になれたらいいなと思って、アニメの曲を自分でも歌うようになったんです。

──元々アニメが好きだというのもあったけど、それ以上にその女性歌手の生歌の迫力に惹き付けられたんですね。その後、歌手になるための道を歩んでいくと。

いえ、実はそのあとになって、「自分よりも才能が秀でている人がたくさんいるんだ」っていう現実がどんどん見えてきて。結局歌手になることはいったん諦めてしまったんです。

──そうだったんですね。その後、声優の道に進むわけですが。

私が所属している青二プロダクションは声優事務所なんですけど、アニメのクレジットに「協力:青二プロダクション」ってよく出ていたから、事務所に入ればアニメの曲が歌えるものだと思い込んでいたんです。

──あ、そこで再び歌手としての夢が再燃すると。相沢さんの中では、声優としての活動の中に歌手業も含まれていた?

声優さんの中にはCDを出している人もいたから、当たり前のように歌うものだと思ってたんです。で、事務所に入った当初、事務所の人に自分で作ったデモテープを渡したら「うちは声優事務所だから必要ないよ」と言われて(笑)。もちろん声優になりたくて今の事務所に入ったんですけど、改めて歌手への道は遠いなと気付かされました。

キャラソンはキャラクターが歌っているように聴こえないと嫌

──声優デビュー後、キャラクターソングなどを歌う機会も得ましたが、相沢さんが当初考えていた歌手のイメージとはまた違った立ち位置だったのではないでしょうか?

インタビュー写真

違ってはいたんですけど、そのときは歌えることがとにかくうれしくて。アニメのイベントにもよく出させていただいたんですけど、本当に楽しかったです。

──キャラクターソングを歌うときに、何か意識していたことってありましたか?

私、キャラクターソングに強いこだわりがあって、本当にそのアニメのキャラクターが歌っているように聴こえないと嫌なんです。たとえ下手でも、キャラクターが立っているほうがいいなと思っていて、そこは今でも大事にしてますね。

──その頃は、声優としてキャラクターソングを歌いつつも、いずれは歌手として正式に音楽活動をしたいという気持ちもまだありました?

若干諦めてましたね。声優として仕事をしていくうちに、だんだんと歌手の道へ進むことの厳しさも身に染みてわかってきてましたし(笑)。でも、全く歌えなかったわけじゃないし、歌う機会も多かったのでその状況に満足してたと思います。

──そうか、レコーディングだけじゃなくて、イベントでは大勢のお客さんの前で歌うこともできたわけですしね。イベントでのお客さんの反応ってどうでしたか?

印象に残っているのがデビューして間もない頃の「魔法先生ネギま!」のイベントで。幕張メッセに5000人くらい入ってたのかな。

──いきなりそんな大きなイベントだったんですか!

はい。私も周りの声優さんもみんな緊張してたんですけど、アニメファンの皆さんって本当に優しくて、私たちがステージに出ていくと大声援で温かく迎えてくれたんです。リズムに合わせて、ペンライトを一生懸命振ってくれて。リハーサルでは全然歌えなかったのに、お客さんを前にしたら本当に楽しくて……ああ、思い出したら涙が出てきちゃった(笑)。

デジタルシングル「キミニトドケ」250円(税込)/ Victor

  • キミニトドケ
収録曲
  1. キミニトドケ
2012年5月2日配信

着うた、RBT:アニメロうた、レコチョクアニメうた

2012年5月9日配信

着うたフル:超アニメロ、レコチョクアニメ ほか
PC配信:iTunes Store、mora

iTunesからダウンロード 5/9 0:00から配信

アニメロミックス 相沢舞特集ページはこちら。

相沢舞(あいざわまい)

相沢舞

東京都出身、8月21日生まれの声優、歌手。テレビアニメを中心に活躍し、「らき☆すた」の峰岸あやの役、「日常」の長野原みお役、「未来日記」の雨流みねね(9th)役などで人気を博す。また、近年は女優として「流星」「yesterday~それがあっての今日~」といった舞台にも出演。歌手としても数々のアニメのキャラクターソングや、2011年3月にリリースされたbuzzGのアルバム「Symphony」の収録曲「かくれんぼ」で歌声を披露してきた。2012年5月、配信限定曲「キミニトドケ」で本格的歌手デビューを果たす。