Blu-ray / DVD「トモダチゲーム」PR

「トモダチゲーム」特集 第1弾 吉沢亮インタビュー|目指したのはゲス顔、座長として挑んだ現場と“トモダチ”について

山口ミコト、佐藤友生による累計発行部数100万部を突破したマンガ「トモダチゲーム」が、ドラマに2本の劇場版を加えた計3部作で実写化。劇中では、高校生・片切友一と4人の友達が、借金返済のため謎の“トモダチゲーム”に参加させられ、追い込まれていくさまが描かれる。「銀魂」「リバーズ・エッジ」など注目作への参加が続く若手俳優・吉沢亮が主演し、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本凪(虹のコンキスタドール)、久保田悠来らが脇を固めた。

映画ナタリーでは、本作の特集を2回にわたって展開する。まずはドラマ版Blu-ray / DVDが5月24日に発売、劇場版第1弾が6月3日よりシネ・リーブル池袋ほか全国で順次公開されることを記念し、主演の吉沢へインタビューを実施した。普段は友達思いの貧乏学生でありながら非情な一面を持ち、嘘と奇策でゲームを支配していく主人公・友一を演じた吉沢。役作りのうえでこだわった“ゲス顔”や座長を務めた心境について、そして自身の友達に関しても語ってもらった。なお特集の第2回は8月に更新予定なので、そちらもお楽しみに。

取材・文 / 浅見みなほ 撮影 / 上山陽介

キャラクター紹介
左から沢良宜志法(内田理央)、片切友一(吉沢亮)。
片切友一(吉沢亮)
両親に先立たれ、バイトを掛け持ちして生計を立てる貧乏高校生。幼い頃、母から「お金よりも友達が大切」と言って育てられた。友達の誰かの策略によって、借金返済を懸けた“トモダチゲーム”に参加させられる。普段は友達思いの優しい青年だが、ゲームに勝つためには非情な手段も辞さない別の顔も持つ。
沢良宜志法(内田理央)
警察官の父親を持つ、正義感の強いクラスの副委員長。密かに友一へ思いを寄せている。
四部誠(大倉士門 / 写真左から2番目)、心木ゆとり(根本凪 / 写真中央)、美笠天智(山田裕貴 / 写真右端)
美笠天智(山田裕貴)
頭の回転が速いクールな青年。友達同士でもめたときは調停役を務める。志法とは幼なじみ。
四部誠(大倉士門)
裕福な家のお坊ちゃまで、父親は市議会議員。単純な性格で嘘がつけない。志法に片思い中。
心木ゆとり(根本凪)
アニメ好きでおとなしい性格。中学時代にいじめを受けていたが、志法に救われた。
マナブくん(声:天月-あまつき-)
マナブくん(声:天月-あまつき-)
トモダチゲーム案内人。過激すぎて放送中止になったアニメのキャラクターで、正体は不明。
左から東條レン(久保田悠来)、水瀬マリア(上野優華)。
水瀬マリア(上野優華)
トモダチゲームの監視役。挑戦者たちの友情が崩壊していくさまを見て楽しんでいる。
東條レン(久保田悠来)
トモダチゲームの監視役で、マリアの先輩。友一の本性に気付き、一目置いている。
吉沢亮インタビュー

もう、ドロッドロでしたね

──本作の主人公である片切友一は、友達思いな高校生でありながら、ゲームに勝つためには手段を選ばないというキャラクターでした。以前、ドロドロした内面を持つ役をやりたいとおっしゃっていましたが……。

吉沢亮

はい。もう、今回はドロッドロでしたね(笑)。

──では念願の役柄ということで(笑)。どのように役を作り上げていきましたか?

原作のマンガで、友一はかなりの“ゲス顔”をするんですよ。それをどこまで表現すればいいのかは、クランクインの前から何度か監督と相談しましたね。原作みたいにいきなりバーン!と顔が変わるほうがいいのか、リアルな流れで徐々に変えていくほうがいいのか。ただ彼がゲス顔になる瞬間っていうのは、その空間を支配してしまうというか、その場における最強の存在になるときなんです。なのでわかりやすくスイッチを切り替えることにしました。特に「劇場版2(仮題)」では……けっこうなゲス顔してますね、ははは(笑)。

──普段、役作りは外見から入るタイプですか? それとも内面から?

ドラマ「トモダチゲーム」より、片切友一(中央)。

作品によって変わりますね。でも今回は、髪型にこだわりました。前髪の長さについては、僕もいろいろと意見を出したりして。顔が隠れるけど、目はちゃんと見えるように、長さを伸ばして梳きました。ビジュアル面から原作に寄せることを意識しましたね。

──最近は「トモダチゲーム」だけでなく「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」「リバーズ・エッジ」など、マンガ原作映画への出演が続いていますよね。本作よりも前、2016年の夏に撮った「銀魂」以降、かなり原作を意識するようになったそうですが。

マンガ原作、多いですねえ。特に最近は少年マンガが多いんですが、少年マンガのキャラクターって個性が強くて、ある意味リアルじゃない、現実離れした部分が多いじゃないですか。だから自分の解釈で想像するというよりは、原作でのセリフの言い回しとか、細かい部分を意識するようになったんです。今回も控室に原作マンガが全巻置いてあって、台本読んでからマンガを読んで、また台本を読んでマンガを読んで……って作業をひたすら繰り返してましたね。

──「トモダチゲーム」の原作マンガでは、まだ友一の過去がすべて明らかになっていませんよね。

そうなんですよ! なので、そのあたりは実写版のオリジナル設定にもとづいています。「劇場版2(仮題)」で友一の大きな秘密が明かされるんです。

ドラマ「トモダチゲーム」
2017年5月24日発売 / キングレコード
「トモダチゲーム」Blu-ray

[Blu-ray]
5184円 / KIXF-481

キングレコード

Amazon.co.jp

「トモダチゲーム」DVD

[DVD]
4104円 / KIBF-1487

キングレコード

Amazon.co.jp

映像特典
  • メイキング前篇 / 後篇
  • ドラマ「トモダチゲーム」プロモーション映像 30秒 / 15秒
  • 「トモダチゲーム 劇場版」予告編① / ②
ストーリー

幼い頃、母親に“金より友達”と言って育てられた主人公・片切友一。両親に先立たれ、バイトで生計を立てる身となりながらも、彼は4人の友達と楽しい高校生活を送っていた。しかしある日、クラスの修学旅行費200万円が盗まれる事件が発生。さらに友一たち5人は何者かに襲われ、目が覚めると白い壁の部屋に閉じ込められていた。案内人マナブくんの話によると、5人のうち誰かが2000万円の借金を返済するため、「トモダチゲーム」への参加料200万円を支払ったという。そんな彼らを、第1ゲーム「コックリさんゲーム」が待ち受ける。クリアの鍵は“友達を疑わないこと”。しかし過酷な状況下で、友一たちは次第に疑心暗鬼になっていき……。

スタッフ / キャスト

原作:山口ミコト・佐藤友生「トモダチゲーム」(講談社「別冊少年マガジン」連載)

監督:永江二朗

脚本:永江二朗、佐上佳嗣

主題歌:天月-あまつき-「Mr.Fake」

エンディングテーマ:上野優華「友達ごっこ」

キャスト:吉沢亮、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本凪(虹のコンキスタドール)、上野優華、天月-あまつき-(声)、久保田悠来ほか

映画第1弾「トモダチゲーム 劇場版」
2017年6月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー
吉沢亮(ヨシザワリョウ)
1994年2月1日生まれ、東京都出身。2011年に特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」の仮面ライダーメテオ / 朔田流星役で注目を浴びる。2013年に「ぶっせん」でドラマと舞台に初主演。主な出演映画に「アオハライド」「さらば あぶない刑事」「オオカミ少女と黒王子」などがあり、2016年には「サマーソング」で映画単独初主演を果たした。2017年7月14日公開の実写映画「銀魂」に沖田総悟役、10月21日公開の「斉木楠雄のΨ難」に海藤瞬役で参加。2018年公開の「リバーズ・エッジ」には山田一郎役で出演する。2nd写真集「One day off」(ワニブックス刊)が発売中。