お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「あら-1」ファイナリスト12組決定、現役NSC生も

63

本日8月1日、「あらびき団 presents あら-1グランプリ2013 supported by ソフトバンクモバイル ~売れずに終わってもつかみたい称号がある!?~」の決勝トーナメント進出者発表会見が都内で行われた。エントリー総数984組の中から決勝に進出したのは12組。オーケストラシンガー、ギャルズ、庄司智春、ハブ、ハリウッドザコシショウ、螢(ほたる・とろサーモン久保田 with フクロトジ川口)、増山緑、室田夫妻、メグちゃん、ヲタル、クロスバー直撃シソンヌが、ビデオ審査によって選ばれた。

会見冒頭、東野は「1000組のエントリーを目指していたんですが、16組及ばずで、らしいな、という話で持ちきりです」とニヤニヤしながらコメント。さっそく藤井の呼び込みで、クロスバー直撃とシソンヌを除く10組が登場した。それぞれに賞金の使い道や意気込みなどを聞いていくと、ヲタルは「優勝したら北海道にいる彼女に会いに行きたい」と笑わせる。また、ハブが「Bコースのときはこういった大会で1度も決勝に残れなかったので、ピンでやるべきだったと今ひしひしと痛感しております」と語ると、東野は「ちなみに元Bコースのナベくんは、アルバイトが1つから2つに増えました」とプチ情報を添えて会場を沸かせた。

その後も、笑いを交えながらそれぞれの出場者を紹介していった東野と藤井。庄司智春の番になると、東野も「やっとメジャーな匂いがします!」と明るい表情で言葉を交わす。庄司は「僕はこの番組で救われてるんで。品川さんは第3弾の映画も順調で、嫁さんは朝の番組とかCMとかバンバン決まっていて。どんどん格差が広がってきたんで、ここでチャンピオンになって嫁さんにシャネルのポーチを買ってあげたいです」と意気込みを語った。また、「1人でライブやってきましたんで」と自信を覗かせながらも、「面白くなかったらお金返しますというライブをやって、1人客が金返せと言ってきました」と残念なエピソードを明かして笑わせる一幕も。

NSC東京に在学中のオーケストラシンガーには東野も興味津々にインタビュー。しかし、「こうやってパッと見て、みなさんクズだなと。決勝に残ったのは予想通り」「この中にライバルはいない」などと大胆不敵な発言が続くと、東野は「がんばってね。怖い先輩に会わないほうがいいと思う。俺は全然大丈夫だけど、ほんこんさんとかヤバいと思う」とアドバイスを送っていた。

7月4日に行われた囲み取材で「優勝したら恋人の河口こうへいにプロポーズする」と公約していたキンタロー。は残念ながら予選で敗退。その理由について「厳正な審査をした結果、木っ端微塵に吹っ飛びました」と東野は笑わせ、「今回は決勝のパフォーマンスではないと、苦渋の判断をしました」と続けた。

「あら-1グランプリ」は、ライト東野こと東野幸治とレフト藤井こと藤井隆が出演するバラエティ番組「ナマイキ!あらびき団」による賞レース。とにかく“あらくて”面白い芸人No.1を決める。優勝賞金「1000百円(=10万円)」をかけた決勝トーナメントの模様は、吉本興業のソーシャルプラットフォーム「YNN」および「ニコニコ動画」にて、8月31日19時30分頃より無料生配信される。

「あらびき団 presents あら-1グランプリ2013 ~売れずに終わってもつかみたい称号がある!?~」概要

決勝トーナメント:2013年8月31日(土)19:30頃より「YNN」「ニコニコ動画」にて無料生配信
優勝賞金:10万円(公式表記は「1000百円」)+副賞「エースコック スーパーカップ1.5倍 しょうゆラーメン 1年分」

お笑いナタリーをフォロー