お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「極まりそう」ゲラゲラ優勝の座敷ボウラー初単独ライブ

43

昨日3月14日、東京・松竹芸能 新宿角座にて座敷ボウラーの初単独ライブ「座敷ボウラー単独ライブ~兎にも角にも~」が開催された。

これは、「2012年総決算! ゲラゲラチャンピオンシップ」の優勝特典ライブ。昨年2012年12月の同ライブでは、芸歴1年の座敷ボウラーが同期のキンタロー。を押さえ1位となった。初単独にしてチケット完売となり、オープニングの漫才から温かい拍手で迎えられた2人。和田の美声を活かした得意の漫才で会場を沸かせ、好調なスタートを切った。

その後新作漫才が続いたが、大学時代の同級生で現在一緒に暮らしているというだけあって、「相方のことは誰よりもわかる」というテーマや、金井のつれない言葉に傷つく和田、さりげなく和田を褒める金井など、思わず笑ってしまうほどの仲の良さを盛り込んだネタも。等身大の姿で全力漫才に挑んだ様子だった。

コントでは、和田がほとんど声のみで笑わせたネタや、金井の飄々とした演技で見せるネタなどを披露。合間のVTRでは、128dBあるという和田の声量を試すため、東京・新宿の靖国通りで実験。ビルの上では金井の声はまったく聞こえなかったが、和田の声は地下通路に入りかけても聞こえるという脅威の声量で、客席からは簡単と笑いの入り混じった声が上がっていた。

エンディングでは、髪型を“コボちゃんヘア”に変えたばかりの和田に対して「まだ慣れてない人がいるんじゃ」と心配。また、当初はキンタロー。と2組で「座敷とキンキン レベル20」というライブになる予定だったことを明かすなど裏話も飛び出した。そして和田は改めて「(感)極まりそう」と感動。金井は「裏がもうバタバタで。間違えてTシャツはこうとした(笑)」と、初めての単独ならではのエピソードを語った。

果たして今後座敷ボウラーがどのようなネタを生み出していくのか。ぜひ注目してみよう。2人は新宿角座を中心に活動中。4月4日(木)には、なすなかにし、ヒカリゴケとともに「ダメもとユニットライブ モノはタメしに」に出演する。詳しくオフィシャルサイトにて確認を。

ダメもとユニットライブ モノはタメしに

日時:2013年4月4日(木) 18:30開場 19:00開演
会場:東京・松竹芸能 新宿角座
料金:前売1000円 当日1200円
出演者:なすなかにし / ヒカリゴケ / 座敷ボウラー
チケット:チケットぴあ Pコード 597-690

お笑いナタリーをフォロー