お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

関根勤が柳原の毒演を絶賛「酷白2」今年も開催決定

19

来年2013年2月9日(土)、10日(日)、東京・日経ホールにて、「関根勤×柳原可奈子トークライブ『酷白2』」が開催される。関根勤と柳原可奈子が本日11月12日、都内で会見を行った。

2人は今年2012年2月に東京グローブ座にて「酷白」を開催。さまざまな有名人をピックアップして妄想を膨らませたり、互いの事務所のイチオシ芸人や所属タレントを紹介しあったりと、2人の着眼点が光るトークを展開した。

関根は今回のライブについても「それは楽しくなる。好き放題喋ります」とすでに楽しみな様子。「年に1回の毒出しデトックス」と、柳原にとっても特別なライブになっているようだった。前回ライブを行ってみて互いに感じたことを聞かれ、「可奈子ちゃんが川越シェフがエロそうだと言ってて」と関根が明かすと、すかさず柳原も「関根さんも阿部知代さんがエロそうだって」と応酬。関根は「結婚式で阿部さんと手が触れたんですけど、しっとりしてた。若い女にない完成された女の美しさね。それをライブで話しました」と満面の笑みで説明した。

さらに柳原は「ハイヒールの話も……」と思い出し笑い。関根が「可奈子ちゃんにいろいろ聞いていったんですね、どこまで許せるか。すべてが完璧なんだけど、飲み物をすべてハイヒールでしか飲めない男は?とか」と言いだし、会場を爆笑させた。笑いながら「絶対ダメ!」という柳原に関根は嬉しそうに「ワインだけだったらいい?」と迫ると、柳原は一瞬迷うも拒否していた。「1日生まれ変われるなら」というテーマでは、前回平子理沙を挙げていた柳原が「今年は壇蜜さんもいいなと。お笑い界の壇蜜に」と不敵な笑み。関根は「僕はね、スティーヴィー・ワンダー。あんなに自由自在に音を操れたらいいなと。今はウサイン・ボルト。10秒切る景色を見てみたい。でも練習大変だから1日でいい。と、去年はこんなトークしましたね」と楽しそうに語っていた。

今年気になる人を聞かれた関根は「僕は吉田沙保里さん。国民栄誉賞をもらって彼氏がいないということなので、どうやったら僕が彼氏になれるか。35歳くらいまでの僕で、吉田さんの父さんのOKがいかにでるかということを話していきたいですね。結婚って意外とね、親が絡んでくるんですよ」と、さっそく妄想モード。一方の柳原も同じくスポーツ界から「石川亮選手、色気がすごくあっていいなと。毛先を遊ばせてる感じがすごくやらしいなと(笑)」と候補を挙げ、さらに「松山英樹選手と2人がもし私を取り合うことになったらどっちのキャディになればいいのか」と妄想を膨らませていた。

同ライブの名物ともいえるブラックな話を振られると、「勝間和代さんが『美の偏差値は60でいい』っておっしゃってたんですけど、ご自身はどのくらいか聞いてみたい」(柳原)、「やっぱり美元さんになるかな」(関根)という告白も。また互いの魅力については「若い同年代の友達と話してるよう」と柳原が語ると、関根は「可奈子ちゃんは頭がいいんですよ。人間観察が鋭い」とこちらも絶賛。関根は「初めての単独ライブを見に行ったんですけど、こんなかわいい顔してすごいんですよ、毒が。いやな女を演じさせたら最高。毒演がすごい。『いるいる、ああいいう人!』ってなる。あと肌がきれい」と褒めちぎり、柳原も“毒演”という自分のための造語に「嬉しい!」と喜んだ。

また、会見後関根は、クレイジーキャッツのメンバーで亡くなった桜井センリに関してコメント。「共演したことはないんです。でもクレイジーキャッツは大好きでした。ナンセンスというか今までにない衝撃を受けた。新しい。『カンコンキンシアター』というライブを毎年やってるんですが、クレイジーキャッツへの憧れから始めたんです」とその思いを明かした。

「酷白2」のチケットは11月17日より、Zen-Aオフィシャルサイト、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて発売開始。詳しくは、浅井企画、太田プロダクションオフィシャルサイトにて確認を。

関根勤×柳原可奈子トークライブ「酷白2」

日時:2013年2月9日(土) 17:30開場 18:00開演
10日(日) 11:30開場 12:00開演 / 15:30開場 16:00開演
会場:東京・日経ホール
料金:4000円 出演者:関根勤 / 柳原可奈子
チケット:Zen-A WEB申込み / チケットぴあPコード622-506 / ローソンチケットLコード30044 / イープラス ※未就学児入場不可
問合せ:Zen-A TEL:03-3538-2300(平日11:00~19:00)

お笑いナタリーをフォロー