お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

さんま、六代桂文枝襲名披露口上で三枝の思い出語る

43

先週7月17日より大阪・なんばグランド花月にて桂三枝の「六代桂文枝」襲名を記念して行われてきた「三枝改メ六代桂文枝襲名披露口上」。その千秋楽となる昨日7月23日の3回目公演に、明石家さんまが登場した。

これまで西川きよしや間寛平、オール阪神・巨人らベテランから、今田耕司、雨上がり決死隊、ブラックマヨネーズらまで、日替わりで東西の人気芸人が登場してきたこの襲名披露口上。千秋楽の3回目公演は舞台の幕が開くと、六代文枝、桂きん枝月亭八方、そしてさんまが紋付姿でズラリ揃っており、さっそく客席からは大歓声が起こった。

さんまは「今日はこんな晴れの場にお招きいただきありがとうございます。今日は笑福亭一門の五枚笹の紋付を着てきましたが、(松之助)師匠に怒られるかも」と挨拶。さらにそこから「三枝という名がなくなるということで、今のうちに三枝時代の“ウミ”は出しておいたほうがいいかな」と、2人が共演していた人気バラエティ番組「ヤングおー!おー!」(MBS)で当時の三枝に理不尽に怒られたというエピソードや、西川きよしとのライバル話などを、文枝のモノマネを交えながら披露した。

無事に千秋楽を終えた文枝は「口上前にさんまが楽屋にきたので『好きなようにやってくれ』とは言ったんですが、まさかああいう風にくるとはね」と苦笑。しかし暴露話は“想定内”だったようで「この1週間で一番長い口上になりましたが、さんまが来てくれて本当に嬉しかった。今日は着物を着てくれていたのも嬉しかったですね」とさんま流の口上に感謝を述べた上で「いつかは落語界に戻ってきて盛り上げてほしいです」とエールを送った。

なお文枝は「襲名から1週間経ちましたが、実はまだ実感がなくて(笑)」ともコメント。「楽屋にいるときも、まだ誰からも『文枝さん』とは呼ばれてないんですよね。これから日本一の落語家になるという思いでやっていこうと思います」とあらためて意気込みを語った。

お笑いナタリーをフォロー