お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

芸人、舞妓、学生、アイドルが集合、WCK京都会場会見

8

昨日9月5日、京都新阪急ホテルにて、「YOSHIMOTO WONDER CAMP KANSAI~Laugh&Peace2011~」京都会場制作発表記者会見が行われ、矢野・兵動・矢野、次長課長・河本、宇都宮まき藤崎マーケット・トキ、GAG少年楽団・宮戸らが出席した。

会見にはほかにも舞妓、芸妓、京都の大学生と京都色豊かな顔ぶれが参加。さらにNMB48の渡辺美優紀と近藤里奈も出席し場を盛り上げた。

神戸会場で冒頭から「えいえい、おー!!」と1人でフライングしていたパイセンこと矢野は京都会場でもハイテンション。「まいど、どうも皆さん、パイセンこと矢野でございます!」と元気に挨拶すると、河本から「声が大きすぎる」とツッコまれ、「からくりを解くな!」とお気に入りのギャグで言い返した。

河本は9月19日(月・祝)、よしもと祇園花月にて、自ら司会を務めるイベント「リカバリー王決定戦」の祇園バージョンを開催。今回は矢野も参戦するということで、これまでホームの品川・よしもとプリンスシアターを賑わせてきた大山英雄とのボケ合戦も見ものとなりそうだ。

宇都宮は、舞妓と芸妓に舞いや女性らしい所作を学び、より素晴らしい女性を目指す特別公演「祇園SP」を紹介。9月18日(日)の「祇園!まんがトーク祭り!」に出演するトキは「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を全巻揃えていると自慢、宮戸は「そうそうたる出演者の中で、僕がこうして会見に呼んでもらえるなんて、『キャプテン翼』でいうところの『日本代表になんでずっと石崎君がおるねん』です」と、さっそく自身の立場をマンガに例えてマンガ好きをアピールした。

そのほか、9月17日(土)に開催の「ロザンの京都向上委員会」では京都の大学生が出演などの手伝いをすることが決定。会見に出席した大学生は、自ら作った出演者募集オーディションのポスターを発表するなど意欲を見せた。

最後にパイセンから「(大阪、神戸、京都)3都市まわると、それぞれ見え方が違うから、すべて見てもらって、楽しんでもらいたい」とコメント。チケットは現在発売中となっているので、オフィシャルサイトでどのイベントに行くかじっくり吟味してみよう。

お笑いナタリーをフォロー