お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

永久保存版「お笑いポポロ」最終号、本日発売

215

本日8月6日に「お笑いポポロ vol.39」が発売された。今号をもって、同誌は休刊となる。

2002年の創刊から約10年間の長きにわたって人気芸人から注目の若手芸人まで幅広くピックアップしてきた同誌。普段見ることできないテレビや舞台の裏側や、単独ライブ、DVD発売などの節目を迎えた芸人たちの心境、多数の写真など、盛りだくさんの内容でお笑いファンを楽しませてきた。

前号では「芸人ALL STAR感謝祭」と題し、「お笑い裏ポポロスペシャル」などの特集を掲載。いよいよ最終号の今号では、前半にライセンスピースNON STYLEらのインタビュー特集「最終号だョ! 人気芸人全員集合!!」、後半に過去の貴重な記事を掘り起こす特集「超永久保存版 おわポポ最強伝説 プレミアBOOK」を掲載している。

最終号のトップを飾ったライセンスは、同誌最多登場ということで互いに直撃インタビュー。ボケを交えながら女性関係にまつわる質問などを展開している。ピースのキーワードトークでは、又吉が言い出した改名騒ぎを綾部が回想。オリエンタルラジオは原点回帰の武勇伝トークを繰り広げ、磁石は直筆である3人に手紙を執筆するなど、各芸人趣向を凝らした記事が掲載されている。NON STYLEは編集部から「復刊したときの公約」として、それぞれある約束を宣言。連載最終回となったロザンは車を購入した菅が、宇治原とドライブの相談をしている。

「プレミアBOOK」ではライセンスとノンスタの対談に始まり、同誌のこれまでの表紙、フォトコレクション、名言集、スクラップ、アンケートなどをぎっしり掲載。「おわポポ10年ヒストリー」ではお笑い界の歴史とともに各芸人たちの活躍などを振り返っている。

さらに、44人の芸人がスペシャルな私物プレゼントを用意。ライセンス藤原の観葉植物、ノンスタ石田の白いベルト、ピース又吉のお好み焼き屋のスタンプカード、チーモンチョーチュウ白井の髪の毛、アームストロング安村の縄跳び、デスペラード・サラミのイラングッズなど、同誌のラストを大いに盛り上げるプレゼントが揃っている。

最後のページには編集部から感謝の言葉と、「この先もみなさまの毎日が笑いに包まれた楽しいものでありますように」という挨拶が。お笑いナタリーでも発売日に欠かさず紹介してきた「お笑いポポロ」だけに、長年愛読してきたファンにとっては残念だが、再び復刊する日を心待ちにしよう。

お笑いナタリーをフォロー