ずん飯尾「アンナチュラル」スタッフに「ぺっこり深々88°」、TBS新ドラマ参加

150

ずん飯尾が、4月20日(火)スタートの新ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)に出演する。

ずん飯尾(左)と赤ペン瀧川(右)。

ずん飯尾(左)と赤ペン瀧川(右)。

大きなサイズで見る(全3件)

「着飾る恋には理由があって」人物相関図

「着飾る恋には理由があって」人物相関図[拡大]

このドラマは、憧れの存在であり続けようと背伸びしている主人公が価値観の違う人々とのルームシェア生活を通じて自分らしさを見つけていくラブストーリー。川口春奈が“着飾る女”真柴くるみ、横浜流星が“ミニマリスト男”藤野駿を演じ、丸山隆平(関ジャニ∞)、中村アン、向井理、夏川結衣、山下美月(乃木坂46)、高橋文哉らがキャストに名を連ねる。

飯尾は真柴が働いているインテリアメーカーel Arco Iris(エル・アルコ・イリス)広報課の課長・松下宏太郎役。後輩社員からもツッコまれる“天然なおっとり上司”というキャラクターだ。またel Arco Irisを立ち上げた敏腕副社長・細貝雄一役を赤ペン瀧川が務めることもこのたび明らかになった。

ドラマは「恋はつづくよどこまでも」の金子ありさが脚本を、「アンナチュラル」の新井順子がプロデュースを、同じく「アンナチュラル」「MIU404」の塚原あゆ子が演出を担当。この3名が共同してラブストーリーを手がけるのは「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」「中学聖日記」に続いて3作目となる。

ずん飯尾 コメント

お話をいただいたとき、「アンナチュラル」からお世話になってるスタッフさんたちで、自分の出来栄えは別として楽しかったので、即答で「ぺっこり深々88°、お願いします」でした。自分も27歳から3年間ほど、4人の後輩芸人がいろいろな事情(3人家賃滞納、1人寂しいから)で、自分が住んでいた一軒家に転がり込んで来て、ルームシェア生活……いや真柴みたいに本職で食べていけてないから……お笑いトキワ荘……いや幕内力士が居ない相撲部屋生活をしてました。外で会ってるだけじゃわからなかった後輩たちの生活スタイルがあって、まず作ったルールが「人の物を勝手に食べない。食べてしまったら買い戻す」でしたから! でもスベって帰ると後輩たちの賑やかさで、随分と助かりました。本作の個性豊かな人たちはルームシェアという土台から四季折々、どんな芽や花を咲かせるのか、皆さんも楽しみにしてください。あっ! 自分は真柴くるみさんの勤務先の上司役です。

火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」

TBS系 2021年4月20日スタート 毎週火曜22:00~22:57

この記事の画像(全3件)

(c)TBS

関連記事

ずんのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ずん の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。