まんじゅう大帝国 初書籍「笑いの学校」爆笑問題、ナイツ塙、島田洋七、ウエランらに学ぶ

201

まんじゅう大帝国の初の書籍「笑いの学校」(河出書房新社)が12月19日に発売される。

まんじゅう大帝国「笑いの学校」表紙

まんじゅう大帝国「笑いの学校」表紙

大きなサイズで見る(全2件)

この書籍はまんじゅう大帝国が爆笑問題神田伯山ナイツ塙、春風亭昇太島田洋七ウエストランドという先輩たちに話を聞き、笑いの真髄を学んだ様子をまとめたもの。まんじゅう大帝国は「『こんなに教わったなら、お前ら面白くないとヤバいよ?』と言われるだろうなぁと戦々恐々の毎日です。絶対面白くなってやるんだからね!」とコメントしている。

序文を綴っているのは、まんじゅう大帝国・竹内が所属していた落語研究会の先輩にあたり、現在の彼ら所属事務所タイタンとの架け橋となった高田文夫。各講師が笑いに対してどんな持論を展開しているか、チェックしてみよう。

まんじゅう大帝国 コメント

大先輩の皆様に「笑い」について、ずけずけと聞いて参りました。「こんなに教わったなら、お前ら面白くないとヤバいよ?」と言われるだろうなぁと戦々恐々の毎日です。絶対面白くなってやるんだからね!

まんじゅう大帝国「笑いの学校」

序文・推薦:高田文夫
一&六時間目:爆笑問題「笑いって傾向と対策で測れないもんだよ」
二時間目:神田伯山「残っていくのは稽古で積み上げたものだけ」
三時間目:ナイツ塙「漫才で大切なのは、感情を早く高ぶらせること」
四時間目:春風亭昇太「特別な面白い言葉を探している自分は、まだまだヒヨッコでした」
五時間目:島田洋七「漫才は捨てるもんが全然ないんよ」
ホームルーム:ウエストランド「ブラッシュアップとはわかりやすくすること」

この記事の画像(全2件)

関連記事

まんじゅう大帝国のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 まんじゅう大帝国 / 爆笑問題 / 神田伯山 / ナイツ / 春風亭昇太 / 島田洋七 / ウエストランド の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。