お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

設楽初主演映画公開スタート、日村「遠くに行かないで」

56

本日11月6日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて、バナナマン設楽主演の映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の初日舞台挨拶が行われた。

この映画はドラマ化やコミカライズもされた北尾トロ原作の裁判記傍聴記。設楽が演じるのは、“裁判傍聴マニア”のフリーライターで、相方の日村も被告人として登場する。

舞台挨拶には設楽、片瀬那奈、鈴木砂羽、日村、豊島圭介監督が登場。設楽は「初日を迎えることができて本当によかったです。みなさん足を運んでくれてありがとうございます。僕、かなりの確率で出てますんで」とはにかみながら挨拶した。

「映画の出来上がりを見たら、いっぱい映ってたんですよね~」という設楽のコメントに対し、「ちょこっと出てます」という日村。上映前のため役柄をあまり言わないほかの出演者にならい伏せて喋ろうとすると、設楽から「そんな隠すことかな?」と失笑され、「まぁ、痴漢なんすよ! ぜひやってみたかった!」と声を大にしてアピールした。

設楽は「主演のオファーが来たときは信じられなかったです。日村も出るとそのとき聞いたんですが、コンビ内格差が生まれ始めました」とコメント。日村が「遠くに行かないで~」とおどけて言うと、「行っちゃうよ~」とさらりと返した。

鈴木監督は「物語を遠くから見てニヤッと笑う感じが映画にピッタリ。自然とカメラの前に立てるのがすごい」と設楽の演技を絶賛。設楽は「違うんですよ」と、お笑いやテレビとの違いなどを交えながら撮影中のエピソードを披露した。

最後に見所を聞かると「僕が初めて裁判所に行くシーンで一旦帰ろうとするんですが、その時後ろに下がる感じはマイケル・J・フォックスを意識してます」という設楽の回答に会場は大爆笑。そのフリに共演者陣が巻き込まれ、場内が盛り上がったまま舞台挨拶が終了した。

映画中には、バナナマン以外にもダブルブッキングスカイラブハリケーンフラミンゴら芸人たちも出演。監督絶賛の設楽の自然体な演技が見たい人は映画館に足を運ぼう。

お笑いナタリーをフォロー