ロンブーが「TOKIOカケル」出演、淳「昔からの友達に会っている気分」

129

本日9月2日(水)放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ・関西テレビ系)に、ロンドンブーツ1号2号がゲスト出演する。

「TOKIOカケル」に出演するロンドンブーツ1号2号(中央)とTOKIO。(c)フジテレビ

「TOKIOカケル」に出演するロンドンブーツ1号2号(中央)とTOKIO。(c)フジテレビ

大きなサイズで見る(全2件)

ロンドンブーツ1号2号 (c)フジテレビ

ロンドンブーツ1号2号 (c)フジテレビ[拡大]

ロンブーとTOKIOはそれぞれ吉本興業への所属とCDデビューが1994年で“同期”とも言える間柄。このたびロンブーはコンビ結成秘話や、当初原宿の“ホコ天”を活動の場に選んだ理由などを明かす。また「最初で最後」というケンカのエピソードも披露され、フジテレビの番組収録中に勃発したケンカを当時のVTRと共に振り返る。

かつてロンブーがMCを務めていたバラエティ番組「赤ちゃん金ちゃんしゃべる部屋」(フジテレビ系)に松岡昌宏がゲスト出演したことも。約20年前のVTRを観ながら、松岡は「ちょうどいろいろ負けたくない時期だった」と互いに牽制していた頃を語る。

TOKIOがゲストに質問をぶつける企画「生まれてはじめて聞かれました」では、長瀬智也から「ロンドンブーツの未来予想図は?」との質問が。淳は「(亮と)お互いに話したことも聞いたこともない」という思いを語る。それを聞いていた国分太一は「僕らの掲げているものと似ている」と共感。株式会社LONDONBOOTSの社長を務める淳と、株式会社TOKIOの社長に就任する城島茂との“社長トーク”も楽しめそうだ。

ロンドンブーツ1号2号 コメント

──TOKIOとの共演について。

淳:めっちゃ楽しかったです! 同世代ながら、一緒に仕事する機会があまりなかったのですが、心を許せているような、昔からの友達に会っている気分でした。

亮:TOKIO全員が一緒になるとまた空気が違うのか、俺らがこれくらいの年代になったからなのか、今日はとても楽しかったです。TOKIOは男臭いイメージもあるから感性が近くて、すごく気持ちよくトークさせていただきました。

──共演する前と後でTOKIOの印象は変わりましたか?

淳:ジャニーズの中でも世代が近いので話しやすいんだろうなと予想しつつ、これまで話す機会がなかったのでどうかなと思いもしましたが、イメージ通りでした。とても話しやすかったです。「赤ちゃん金ちゃんしゃべる部屋」のときはお互いに片意地はっていたな、と(笑)。

亮:VTRを観て「こんなんだったっけ!?」と驚きました。今さらながら、反省しました(笑)。

──視聴者の方へメッセージを。

淳:40代のおじさんたちがキャッキャしている姿をぜひご覧いただきたいです。友達、同期は、改めて特別な存在だなと感じていただけると思います。

亮:いい大人たちがはしゃいでいる姿は、憧れるような姿ではないような気がします(笑)。でも、ばかばかしいことで楽しめる我々の姿を観て楽しんでいただけたらなと思います。

この記事の画像(全2件)

TOKIOカケル

フジテレビ・関西テレビ系 2020年9月2日(水)23:00~23:40
<出演者>
TOKIO
ゲスト:ロンドンブーツ1号2号

全文を表示

関連記事

ロンドンブーツ1号2号のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ロンドンブーツ1号2号 / TOKIO の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。