青春時代と淡い恋、アインシュタイン稲田が繊細に演じるパピコWeb動画

1577

アインシュタインが出演する江崎グリコ・パピコのWeb動画が、本日8月5日に「パピコの日」キャンペーンサイトおよびグリコの公式YouTubeチャンネルで公開された。

パピコWeb動画「青春って、ニコイチだ」に出演するアインシュタイン稲田。

パピコWeb動画「青春って、ニコイチだ」に出演するアインシュタイン稲田。

大きなサイズで見る(全24件)

左がアインシュタイン稲田の高校時代を演じる大越晴護。

左がアインシュタイン稲田の高校時代を演じる大越晴護。[拡大]

「青春って、ニコイチだ。」をコンセプトにした同キャンペーンでは、吉柳咲良演じる女子高生の青春時代を切り取ったさまざまなショートムービーを制作し、YouTubeやTwitterなどで公開してきた。実は彼女は、アインシュタイン稲田が高校時代に思いを寄せていたクラスメイトで、それらのショートムービーは稲田の視点から捉えられた青春の1コマだった、というストーリーが今回公開された映像で明らかに。なおテーマソングの「青春って、ニコイチだ」はコレサワが歌唱している。

ベランダに出るアインシュタイン稲田。

ベランダに出るアインシュタイン稲田。[拡大]

描かれているのは、大人になった現在の稲田がバラエティ番組出演のために思い出の品を見返している姿。稲田は高校時代に使っていた大学ノートの間から1枚の写真を見つけ、ベランダで夜風に当たりながら過去を回想する。感傷的な気分に浸っていると、ピンポーンとチャイムが。パピコを買ってやって来た相方の河井から「ネタ合わせしようや」と投げかけられ、稲田ははにかみながらうなずく。切ない気持ちを繊細に表現する稲田の表情に注目だ。

「青春って、ニコイチだ」より、アインシュタイン稲田の高校時代を描いたシーン。

「青春って、ニコイチだ」より、アインシュタイン稲田の高校時代を描いたシーン。[拡大]

アインシュタイン稲田。

アインシュタイン稲田。[拡大]

稲田の高校時代は大越晴護が演じている。稲田とのあまりの違いに、河井は「これ、ちゃんとつながるんですよね?」「ほんまにちゃんとつながります?」と何度も確認。「メガネが一緒だから大丈夫」の一点張りで河井の心配を吹き飛ばそうとする稲田は「芸人の顔が出ないよう、物語の世界観に溶け込むのに苦労しました」と俳優然として語り、「僕は昔から食品関係のPRとは縁遠い人間だったんです。でも今回、こうやってお世話になることができました」と誇らしげだった。

この記事の画像・動画(全24件)

アインシュタインのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 アインシュタイン / 吉柳咲良 / コレサワ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。