オリラジ藤森、サスペンス「13」で犯人役「ちょっと怖いなぁと言ってもらえるように」

214

本日8月1日(土)より放送される連続ドラマ「13(サーティーン)」(東海テレビ・フジテレビ系)に、オリエンタルラジオ藤森が出演する。

連続ドラマ「13」に出演する、オリエンタルラジオ藤森。(c)東海テレビ

連続ドラマ「13」に出演する、オリエンタルラジオ藤森。(c)東海テレビ

大きなサイズで見る(全4件)

(左から)オリエンタルラジオ藤森、桜庭ななみ。(c)東海テレビ

(左から)オリエンタルラジオ藤森、桜庭ななみ。(c)東海テレビ[拡大]

土曜夜の「オトナの土ドラ」枠で展開される「13」は、イギリス・BBCで放送された人気ドラマが原作のクライムサスペンス。桜庭ななみが主演を務め、13歳のときに行方不明となった女性・相川百合亜を演じる。藤森は、その百合亜を13年前に誘拐した犯人・黒川一樹役。「母親からネグレクトされていたため愛情に飢えている」という役どころで相川家と警察を翻弄する。「視聴者の皆さんにも『藤森、ちょっと怖いなぁ』と言ってもらえるようにがんばりたい」と意気込みを披露し、「お芝居をしてるときのほうがリアルな藤森ですよ」という彼の熱演に注目してみては。

オリエンタルラジオ藤森 コメント

オリエンタルラジオ藤森 (c)東海テレビ

オリエンタルラジオ藤森 (c)東海テレビ[拡大]

これまで“コソ泥”みたいな役はありましたが、「13」で演じる黒川一樹のような本格的な犯罪者役は初めてです。作品もシリアスな内容で、とても面白そうだなと思いました。複雑な役で、自分自身の人生経験ではまったくないことですから、気持ちの作り方をどういうふうにしたらいいのかなと考えました。一樹は、純粋な思いをちょっと歪んだ形で相手にぶつけてしまうのですが、こういう純粋すぎる人って正直怖いなと思います。「逢いたかったよ、ゆりりん」とか一樹独特の怖いセリフも多く、どういうふうに言えばいいのか悩みましたが、本番に臨んだときの自分の気持ちを信じて演じました。視聴者の皆さんにも「藤森、ちょっと怖いなぁ」と言ってもらえるようにがんばりたいですね。

オリエンタルラジオ藤森 (c)東海テレビ

オリエンタルラジオ藤森 (c)東海テレビ[拡大]

衣装を着て髪型を整えたときに監督が「(眼鏡は)なしでいいんじゃないですか?」とおっしゃったので眼鏡は外しました。眼鏡なしでの出演は、初めてだと思います。でも実は僕、そんなに眼鏡姿にこだわりがあるわけでもないので、ご要望があれば応じるスタンスなんです。眼鏡なしの姿を視聴者の皆さんが新鮮だと言ってくれるのであればそれはそれでうれしいですが、単純に心配なのは僕の出演に気づいてもらえるかどうか(笑)。「誰だったんだ、あの犯人」って、話題になってもらっても全然いいんですけどね。

ドラマへの出演が決まると、枕詞のように「監督からチャラ男を抑えるように言われました」とネタで言うんですが、実は一度も要求されたことはありません。俳優として、チャラ男ではない部分を期待されているのかなという気がしますし、本当のことを言うとチャラ男自体、作っていますからね。本当の僕は人見知りでシャイですし、お芝居をしてるときのほうがリアルな藤森ですよ。今回もリアルな藤森をお楽しみいただけるとうれしいです!

この記事の画像(全4件)

13(サーティーン)

東海テレビ・フジテレビ系
2020年8月1日、8月8日、8月15日、8月22日(全4話予定)
毎週土曜23:40~24:35

オリエンタルラジオのほかの記事

リンク