吉本興業の5劇場、アクリル板撤廃へ!センターマイク使用が基本、芸風によって対応

2564

吉本興業が7月3日(金)以降の劇場公演に関する新たな方針を発表。大阪・なんばグランド花月、よしもと漫才劇場、東京・ルミネtheよしもと、ヨシモト∞ホール、千葉・よしもと幕張イオンモール劇場では漫才上演中、舞台上のアクリル板を撤廃し、センターマイクの使用を基本とする。

アクリル板が設置された舞台で漫才を繰り広げる6月19日の和牛。

アクリル板が設置された舞台で漫才を繰り広げる6月19日の和牛。

大きなサイズで見る(全3件)

ただし大声を出すなど飛沫の恐れがある芸風については、フェイスガードの着用やアクリル板の使用といった対応も。また、今回の方針ではなんばグランド花月、よしもと漫才劇場、よしもと幕張イオンモール劇場の3劇場において、9~13%程度から最大50%以下に客席使用制限を緩和する。東京の2劇場については現在の状況を考慮してこれまで通り。

このほか、換気や消毒、検温といった感染拡大防止対策は継続する。詳しい劇場再開ガイドラインは吉本興業のオフィシャルサイトに掲載されている。

7月3日(金)以降の各劇場客席使用数

なんばグランド花月(全858席):404席
よしもと漫才劇場(全305席):133席
よしもと幕張イオンモール劇場(全301席):134席
ルミネtheよしもと(全458席):54席
ヨシモト∞ホール(全218席):26席

この記事の画像(全3件)

関連記事

リンク