お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

ネルソンズ青山&岸が無観客の舞台挨拶に出席、ピリッとした空気に「岸でーす!」ぶっ込み

205

ネルソンズの青山(左)と岸(右)。

ネルソンズの青山(左)と岸(右)。

本日3月21日、映画「いざなぎ暮れた。」の“無観客舞台挨拶”が東京・テアトル新宿で行われ、ネルソンズの青山フォール勝ちと岸が登壇した。

笠木望が監督と脚本を担当した「いざなぎ暮れた。」は、島根・松江市の美保関町を舞台とするロードムービーで、主人公は金に困っている崖っぷちの男・ノボル(毎熊克哉)と恋人のノリコ(武田梨奈)。ノボルは親戚から金を奪うため、何も知らないノリコと共に美保関町にやってくるが、歴史的な祭りの日と被ってしまい、思いもよらない騒動を巻き起こす。ネルソンズ青山はノボルと敵対する地元の若者、岸はその取り巻き、和田はある“キーパーソン”を演じた。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、観客を入れずに行われた本日の舞台挨拶では、島根県住みます芸人の奥村隼也がMCを担当。ネルソンズのほか、毎熊克哉、武田梨奈、笠木監督も出席した。なおネルソンズ和田は事情により欠席となった。

イベントの冒頭、青山は「この映画は僕の地元で撮影されたので、実家に帰るくらいの気持ちで撮影に向かったら豪華な俳優さんや女優さんがいた(笑)。出演できたこと自体がすごいんだなと改めて実感しています」とかしこまって挨拶。一方、岸は無観客の影響でややピリッとした会場の空気を無視して「どうも。ネルソンズの……そうです、岸でーす!」と自己紹介ギャグをぶっ込み、青山から「そのギャグ誰も知らないからやめて!」と制された。

岸は「僕は映画にはほとんど映ってないんですけど、1カ所だけ武田さんと乱闘するシーンに参加していて……」と語るが、武田から冗談交じりに「いましたっけ?」とイジられ、「あー悔しい! どこにいるのか探してみてください」とカメラに向かって呼びかける。また青山は「岸は演者としてだけではなく、軽トラを動かすといった裏方仕事もやってました」と補足して笑いを誘った。

舞台挨拶では、登壇者たちがコロナ騒動にも言及。青山は「この映画を観に行ったという人がSNSに『面白かった』とコメントしてくれたのを見かけるとうれしい。騒動が収束したらこういう人が増えるのかなと思うと、早く収まってほしいです」と本音を吐露し、岸は「誰も悪くないからしょうがない!」とコメントしていた。

映画「いざなぎ暮れた。」は昨日20日よりテアトル新宿で公開中。同作にメンバー、江西あきよし、どさけんも出演しているのは既報の通りだ。

(c)2018「いざなぎ暮れた。」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー