野田クリスタル「R-1」優勝会見、副賞の冠特番で「ゲーム番組やりたい!」

3340

関西テレビ・フジテレビ系で本日3月8日に生放送された「R-1ぐらんぷり2020」決勝でマヂカルラブリー・野田クリスタルが優勝し、放送終了後の記者会見で喜びを語った。

「R-1ぐらんぷり2020」で優勝したマヂカルラブリー・野田クリスタル。

「R-1ぐらんぷり2020」で優勝したマヂカルラブリー・野田クリスタル。

大きなサイズで見る(全22件)

「R-1ぐらんぷり2020」で優勝したマヂカルラブリー・野田クリスタル。(c)関西テレビ

「R-1ぐらんぷり2020」で優勝したマヂカルラブリー・野田クリスタル。(c)関西テレビ

野田クリスタルは決勝ファーストステージでAブロックを勝ち上がり、ファイナルステージに進出。Bブロック勝者のすゑひろがりず南條、敗者復活から勝ち上がったCブロック勝者の大谷健太との戦いを制して優勝賞金500万円や副賞の全国ネットの冠特番などを手にした。実際にゲームのプログラミングを得意とし、自作の「野田ゲー」を世に送り出してきた野田。決勝では2本共に野田ゲーを駆使してひとり芸の頂点に上り詰めた。

マヂカルラブリー・野田クリスタル「R-1ぐらんぷり2020」優勝コメント

取材陣に笑顔で手を振りながら会見場に登場する、マヂカルラブリー・野田クリスタル。

取材陣に笑顔で手を振りながら会見場に登場する、マヂカルラブリー・野田クリスタル。

──優勝おめでとうございます。

ありがとうございまーす! 「キングオブコント」「M-1グランプリ」どちらも決勝に出られたけどクソみたいな結果だったので優勝できてよかったです。解放されました。最高です!

──優勝の実感は?

めちゃめちゃあります。こんなに(多くの)記者がいたら。

──優勝が決まった瞬間は?

報われたなと。がんばってきました。

──決勝に懸ける思いは?

優勝しないと来年、再来年と優勝から遠のいていく気がしたので優勝できてよかったです。全員ぶっつぶしてやろうと思いました。

──予選では機材トラブルも。モニターを使うにあたって気を付けたことは?

準決勝でモニター使ったけどネタ開始から30秒間、ケーブルが抜けてモニターが真っ暗な中でネタやるハプニングがありました。それを乗り切って決勝では気を付けていた。皆さんのおかげです。

──審査員からの言葉で印象的なものは?

なんにせよ怒られなくてよかったです。桂文枝師匠あたりが“来る”可能性があって怖かったけど、最初に僕に1票入れていたんですよ。まさかゲームのネタに入れてくれるとは思わなくて、それから「これあるかも」と。Aブロックの票数を見て「こんなことあるの」と思いました。

──無観客での開催でした。やりにくさは?

僕は無観客のほうがやりやすいのかなと。今回はスタッフさんがスタジオにいたけど、完全なる無観客の中でやるネタ番組もあって、その中でメンタル鍛えられてたので。「あらびき団」っていうんですけど(笑)。あれに比べれば全然マシです。(無観客と聞いて)ガッツポーズが出ました。お客さんを意識しなくてよかったので、審査員の方々を笑わせるつもりでがんばってきました。

──「怪傑えみちゃんねる」出演の可能性も。

賞金500万使って何かを献上しようと思います。

──どう報告しますか?

「えみちゃん、やったよ!」って。

マヂカルラブリー・野田クリスタル

マヂカルラブリー・野田クリスタル

──実際の賞金の使い道は?

雑に使おうかなと思っています。旅行とか課金とか。

──相方の村上さんには?

死んでもあげません。

──喜びを最初に直接伝えたい人は?

もちろん相方には伝えたい。僕がこのゲームを作るきっかけとなった最初がデッカチャンさんのゲームなので、デッカチャンさんに御礼を言いたいです。「“勝ったチャン”だよ」って。謝礼は一銭もあげません。

──決勝の生放送で最後に若干時間が余ってトークが長引きました。チャンピオンとしては微妙な時間でした?

ああいうときこそ、一丸となってた。すゑひろがりず南條も別にスベらなくてもいいのにスベりに行って(笑)。

──「R-1」で優勝してピン芸人でやっていく考えは?

まったくございません。

──「KOC」と「M-1」が“クソみたいな結果”と自分でおっしゃってましたが、「R-1」で優勝した。これまで負けたのは村上さんのせいではなかった?

お互いのせいです(笑)。

マヂカルラブリー・野田クリスタル

マヂカルラブリー・野田クリスタル

──勝因を自分で分析すると?

リアルにいうとネット投票が強めに入ったから。ネタの内容がゲームだったので支持を得た、という真面目な分析です。

──「野田ゲー」のゲームを“桃鉄”と“モンスト”にした決め手は?

ほかに20作くらいあるんですけど、絞っていくと僕が作ってるゲームの中ではどちらも知名度がある。ほかのゲームは、本当にわけわかんないゲームでネタにもならないかなと思って。

──あれはステージ上で実際にプレイしてらっしゃる?

そうなんです。プレイしてます。“モンスト”で1カ所、もたつきました。

──その日によってネタが変わってきたりもする?

あります。調子悪いときにどうしようもないところで負けてしまってゲームオーバーになったり。

──いろんな番組からオファーが来ると思います。どんな番組に出たい?

番組じゃなくなってくるんですけど、全YouTuberに自分の作ったゲームやってもらいたい。ダウンロードして遊べるので、こっちに連絡しなくていいんで、自由にやってください。

──審査結果には納得?

優勝したのですべて納得してます。

──副賞の冠番組は?

やっぱりゲームを盛り上げたいので、ゲーム番組をやりたいと思ってます!

──「R-1」「KOC」「M-1」のトリプルチャンピオンに近づきました。意気込みは?

トリプルチャンピオンにリーチかかってるのが霜降り明星・粗品。粗品をとりあえず、殺すしかない(笑)。今年「KOC」に出られたらちょっと危ない気がするので。粗品にトリプルチャンピオンになられると僕の影が薄まるので、すいません、殺します!(笑)

──ゲームの製作期間は?

1カ月と、「R-1」で出すための手直しでもう1カ月。“モンスト”は2年くらい前に、“桃鉄”は去年できたゲームです。

──自宅待機している子供さんたちにメッセージがありましたら。ゲーム好きが多いと思うので。

せっかく家にいるんだし、たくさんゲームをやってください。

──最後に一言。

会見の最後に「やったやったやったー!」と喜びを爆発させる、マヂカルラブリー・野田クリスタル。

会見の最後に「やったやったやったー!」と喜びを爆発させる、マヂカルラブリー・野田クリスタル。

やったやったやったー!

この記事の画像(全22件)

関連記事

リンク