お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

ケンコバ主演の風俗ドラマ、待合室で一緒になる“同志”役にかまいたち

1078

「桃色探訪~伝説の風俗~」より。

「桃色探訪~伝説の風俗~」より。

ケンドーコバヤシが主演を務めるドラマ「桃色探訪~伝説の風俗~」(映画・チャンネルNECO)が2月29日(土)に放送される。

「桃色探訪」は、月に一度の風俗通いを楽しみにしているサラリーマン・梶山(ケンドーコバヤシ)が極上の風俗店を追い求めるさまを描く作品。「プロフィールで信じていいのは身長のみ」「待合室は精神統一の場なり」といった風俗関連の格言も飛び出す。実在する風俗店が登場するのも見どころの1つだ。

梶山が訪れるのは、池袋のファッションヘルス。待合室で一緒になる“同志”をかまいたち、梶山が指名した風俗嬢・ルナを本庄鈴が演じる。ケンコバは「台本はあるものの、僕の素の部分も出ていて、プライベートが盗撮された気分です。もうチャンネルNECOを訴えてやりますよ!」とコメント。視聴者には「作品全体はもちろんですが、僕の風俗通いを覗き見ているような感覚で楽しんでもらいたいです」と呼びかけている。

ケンドーコバヤシ コメント

正直、オファーが来たとき「参ったなぁ」と思いました(笑)。台本はあるものの、僕の素の部分も出ていて、プライベートが盗撮された気分です。もうチャンネルNECOを訴えてやりますよ!(笑)

僕の演じた梶山という男の「風俗は一期一会」という精神には大いに共感。その一方で、梶山は、お店や女性選びで小技を使っていますが、僕はリスキーな方法で挑むことが大概だし、僕の方が、プレイももっと紳士的ですよ(笑)。視聴者の皆さんには、作品全体はもちろんですが、僕の風俗通いを覗き見ているような感覚で楽しんでもらいたいです。

本庄鈴 コメント

想像していた通り、ケンコバさんはすっごく紳士的な方でした! ルナは私自身と一緒で、普段はおっとりしているんですけど、プレイになると激しくなる。そのギャップに注目していただけたらうれしいです。

桃色探訪~伝説の風俗~

映画・チャンネルNECO 2020年2月29日(土)23:30~24:00
<出演者>
ケンドーコバヤシ / 本庄鈴 / かまいたち

(c)日活・チャンネルNECO

お笑いナタリーをフォロー