お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

南キャン山里MC、深夜の生放送「テレビ特区」に若手制作陣の実験番組

128

南海キャンディーズ山里がMCを務める「22世紀計画 特別編『テレビ特区』」(フジテレビ)が本日12月30日(月)深夜に生放送される。

昨年10月よりフジテレビの「22世紀計画」プロジェクトでは継続的に、若手ディレクターら制作者陣が実験的な企画を試してきた。「テレビ特区」はその特別編。「自分が本気でやりたい」「ほかで見たことがない」「置きに行かない」といったルールのもと、ほぼ演出経験のない入社2、3年目のディレクターたちが実験的な番組作りに臨んでいる。

その企画内容は、他人の書き残したメモを覗き見る「メモ泥棒の独白」や「日本一うまそうな“餃子耳”選手権」、芸能人が河童になりきって川に流れて旅をする「人生、たまには流されてみよう」など。そのほか、いとうせいこうがキュレーターとしてテレビ初登場のネクストブレイク芸人を紹介する「LIVE特区」でも楽しめそうだ。

チーフプロデューサー 木月洋介(フジテレビ第二制作室)コメント

とにかく、やりたいことだけはハッキリしている若手ディレクターたちの企画がたくさん集まりました。おそらくVTRが仕上がるのも生放送ギリギリですし、それが何分のVTRになっているのかもわかりません。面白いものになっているのかも本当にわかりません。それくらいチャレンジングで不完全な番組があったっていいじゃないか、そこで成功したり失敗したりすることが一番若手ディレクターのためになるんじゃないかと思います。おそらくご負担をだいぶかけてしまう山里さん、長井さん、いとうせいこうさん、ねおさん本当に申し訳ありません。豪華出演者陣の盤石すぎるサポート体制に、大変感謝いたします。フジテレビが久々に、いろんな意味でスリリングな生放送をお送りします。

テレビ特区

フジテレビ 2019年12月30日(月)24:55~26:55
<出演者>
MC:南海キャンディーズ山里
長井短 / いとうせいこう / ねお ほか

お笑いナタリーをフォロー