お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

永野「コンプレックスを映画にまで昇華できた」と感慨、「MANRIKI」公開

119

三田尚人、SWAY、永野、斎藤工、金子ノブアキ、小池樹里杏、清水康彦。

三田尚人、SWAY、永野、斎藤工、金子ノブアキ、小池樹里杏、清水康彦。

昨日11月29日に映画「MANRIKI」が公開初日を迎え、東京・シネマート新宿で行われた舞台挨拶にこの映画を制作したチーム万力の永野斎藤工金子ノブアキ清水康彦らが登壇した。

整顔師の猟奇的哲学と“万力”によって小顔矯正を行う美容クリニックの物語を描く本作。主演を務め、齊藤工名義で企画、プロデュースも担当した斎藤は「長い道のりでしたが、皆さんに観てもらうのは1つのゴールでした。完成まで約3年以上かかったけど、その期間すべてが『昼顔』と『ラッセン』が映画を作るというような色眼鏡で見られることに抗うために必要な時間でした」と振り返った。

永野は「斎藤くんとの何気ない会話が、皆さんの協力でここまで迎えることができて非常にうれしいです!」と喜びを伝える。また「自分の芸風はコンプレックスが武器なので、自分のコンプレックスを映画にまで昇華することができてすごく気持ちよかったです。誰だってかわいそうだって言われる筋合はないんだ!と思ってもらえる映画です。やったるぞー!という気持ちになってもらえたら」と本作をアピールした。

お笑いナタリーをフォロー