お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

インパルス堤下初プロデュース舞台、相席ラウンジに閉じ込められた男女12人の物語

149

インパルス堤下が初めてプロデュースする舞台「愛害~12の本性~」11月8日(金)から11月10日(日)までの3日間、東京・エコー劇場にて上演される。

描かれるのはプレオープンした地下の相席ラウンジに閉じ込められた男女12人の密室劇。堤下の出演舞台「夢の契」などを手がける大村仁望(HitoYasuMi)が脚本を、堤下主演映画「ルーツ」の監督を務めた渋谷悠が演出を担当する。

また同公演はクラウドファンディングでの支援を募集。集まった資金は舞台制作費用に充てられる。吉本興業のクラウドファンディングサービス「SILKHAT」には堤下の芝居にかける思いが綴られているのでチェックしてみよう。

愛害~12の本性~

日時:
2019年11月8日(金)18:00開場 19:00開演
2019年11月9日(土)13:00開場 14:00開演 / 18:00開場 19:00開演
2019年11月10日(日)11:00開場 12:00開演 / 15:00開場 16:00開演
会場:東京・エコー劇場
料金:前売5000円 当日5500円
チケット:チケットよしもと(Yコード:108304)にて販売中。
<出演者>
後藤萌咲 / 倉田瑠夏 / 田中尚樹 / 真下玲奈 / 脇春 / 土井良祐 / 保土田充 / 長瀬貴博 / 小野弘喜 / 平舘真生 / 大村仁望 / 堤下アツシ

お笑いナタリーをフォロー