お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「松ちゃんがきっかけ」シルクが美の秘訣を明かす

7

本日7月15日、東京・福家書店新宿サブナード店にて、同日発売された書籍「シルクのべっぴん塾」発売記念のサイン本お渡し&握手会イベントが行われた。

シルクは握手会に先立って行われた会見で、「待ちに待った発売でうれしいです」と満面の笑み。続けて美に目覚めた当時のエピソードや現在行っている美容法などを明かした。

28歳のときにダウンタウン松本人志とイベントで共演した際、松本の脚が細いことを発見したシルク。松本からそのとき言われた「おまえの脚、極太やな」という言葉がずっと記憶に残っており、35歳のときに「これではイカン!」と思って美を志すようになったと語った。最近のシルクの活躍に対する松本の反応は「別に……」という淡白なものだという。

シルクは現在、毎日2時間の美容トレーニングを実践中。「最終的には若尾文子さんみたいになりたいし、その途中で由美かおるさんみたいになりたい。年齢を重ねてもサイズが変わらないように」と目標を掲げた。また後輩の女性芸人の名前を挙げ、「アジアン隅田や森三中黒沢を変えてみたい」と意気込んだ。

今後の活動についても、シルクは「無人島のビーチで全裸になって撮影したい」と意欲的。会見のラストには「同世代の女性にもっと美を意識してもらって、自分で満足できる心と身体でいてほしい」と、“うわさ年齢50歳”にふさわしく同世代の女性にエールを送った。

お笑いナタリーをフォロー