お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

アンジャッシュが愛犬連れて映画ヒット祈願、渡部は「児嶋になりたい」発言

84

左からアンジャッシュ、早見あかり。

左からアンジャッシュ、早見あかり。

本日9月12日、映画「僕のワンダフル・ジャーニー」のヒット祈願イベントが東京・赤城神社で行われ、アンジャッシュ早見あかりがそれぞれの愛犬を連れて参加した。

命の恩人である飼い主・イーサンと会うために生まれ変わりを繰り返す犬・ベイリーの物語「僕のワンダフル・ライフ」の続編となる「僕のワンダフル・ジャーニー」。母親に連れ出されたイーサンの孫娘・CJのため、ベイリーが何度も生まれ変わりながら彼女を見守っていくさまが描かれる。早見は日本語吹替版でCJの声を担当した。

既報の通り、アンジャッシュ児嶋の愛犬・ネネ、渡部の愛犬・マロンは同作の宣伝アンバサダーならぬ“ワン”バサダーに就任している。本日のイベントでは、愛犬と共にヒット祈願を済ませた児嶋が犬の着ぐるみで再登場。渡部から「前回も言ったんですけど、愛犬が宣伝ワンバサダーに選ばれたんだから我々は普通の格好で来なきゃダメなのに、犬になっちゃったらわけわかんないでしょ! そんなに可笑しくもないし」と指摘されると、「面白いんだよこれは!」と言い返していた。

トーク中は、生まれ変わりを繰り返すベイリーにちなみ、「生まれ変わるとしたら何になりたいか」という話題も。渡部は「児嶋さんになりたい。名前を間違えられて、本名を大声で言う。これだけで家を建てて犬を飼えるなんて最高の人生じゃないですか」と回答。児嶋は「あれって結構大変よ。『オイ!』とか『コラ!』とか『児嶋だよ!』とか……」と主張するが、渡部から「(バリエーションが)3つじゃねえか!」とツッコまれていた。

「僕のワンダフル・ジャーニー」は明日9月13日(金)より全国ロードショー。

お笑いナタリーをフォロー