お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「こじ!こーじ!」アンジャッシュ渡部が児嶋に「おすわり」、愛犬ネネが座る

168

左からアンジャッシュ児嶋とその愛犬ネネ、アンジャッシュ渡部とその愛犬マロン。

左からアンジャッシュ児嶋とその愛犬ネネ、アンジャッシュ渡部とその愛犬マロン。

アンジャッシュ児嶋の愛犬ネネと渡部の愛犬マロンが、映画「僕のワンダフル・ジャーニー」の宣伝アンバサダーならぬ“ワン”バサダーに就任した。

昨日8月1日に都内で就任式が行われ、2人と2匹が登壇。児嶋は「犬になりきるため」と犬の着ぐるみ姿で登場し、渡部に「ネネちゃん連れて犬の着ぐるみってややこしい! ワンバサダーはこの子たち(ネネとマロン)で今日は付き添いなんだから」とツッコまれる。前作「僕のワンダフル・ライフ」で“ワン”バサダーを務めたゴールデンレトリバーのゼウスから大役を引き継いだ2匹の思いを、児嶋は「この素晴らしい映画を1人でも多くの方に観ていただけるようにがんばります!」、渡部は「ネネちゃんと一緒に就任しましたが、児嶋さんの犬の格好は目線がブレるのでやめたほうがいいと思います。よろしくお願いします!」と代弁してみせた。

2人は愛犬とのエピソードを披露。渡部は「僕の体調に敏感なんです。落ち込んだり風邪でぐったりしているとずっと寄り添ってくれる。寝ている間もペロペロ舐めてくれるから、逆に寝不足で治りづらくなってしまうくらい(笑)。恋人のような娘のような存在です」と語り、児嶋は「夫婦喧嘩していると『やめなよ!』って間に入ってきてくれる」と頼もしい存在であるネネに感謝する。そんな2組の絆を確かめるべく「おすわり」「お手」「待て」に挑戦したが、バディ対決は引き分けに。その後、渡部が児嶋を犬に見立てて「こじ! こーじ! おすわり!」と指示すると、「なんでだよ! 嫌だよ!」と言うことを聞かない児嶋に代わってネネがおすわり。ほっこりする展開で会場は盛り上がった。

「僕のワンダフル・ライフ」は命の恩人である飼い主イーサンと会うために生まれ変わりを繰り返す犬ベイリーの物語。シリーズ2作目となる「僕のワンダフル・ジャーニー」では、母親に連れ出されたイーサンの孫娘・CJのため、ベイリーが何度も生まれ変わりながら彼女を見守っていくさまが描かれる。9月13日(金)に全国ロードショー。

(c) 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

お笑いナタリーをフォロー