お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

韓国から日本上陸する大型オーディション番組でナイナイがMC、矢部「荷が重すぎ!」

1244

ナインティナイン

ナインティナイン

新たに始動するオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の概要発表会見が本日4月11日に都内で行われ、ナインティナインが出席した。

「PRODUCE 101」とは、韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送されたサバイバルオーディション番組。最初の選考を通過した101名が、さまざまなミッションで熾烈な競争を繰り広げ、最後に残ったメンバーがガールズグループおよびボーイズグループとしてデビューできる。これまでにI.O.IやWanna Oneといったグループを生み出しており、第3シーズンではHKT48の宮脇咲良らが所属する日本人と韓国人の混合グループ・IZ*ONEが誕生した。

吉本興業、MCIPホールディングス、韓国のCJ ENMが共同で実施するプロジェクト「PRODUCE 101 JAPAN」は「PRODUCE 101」の日本版。本日に募集を開始し、オーディションを経て最終的に選ばれた11名が世界で活躍できるボーイズグループとして2020年デビューする予定だ。

「PRODUCE 101」では、勝ち残るメンバーが“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者の投票で決定する。ナインティナインは国民プロデューサー代表という立ち位置で「PRODUCE 101 JAPAN」のメインMCを担当。会見ではナイナイ矢部が開口一番、「我々には荷が重すぎます! 単にオーディション番組の進行と聞いていたのですが、規模がデカすぎます!」とコメントして取材陣の笑いを誘った。

岡村は「昔もオーディション番組を担当したことがあって、そのときはモーニング娘。やCHEMISTRYが誕生する瞬間を目の当たりにしました。今度は世界に出ていく人を間近で見られるんだなと思うとワクワクします」と期待を寄せる発言。一方で「階段をのぼっていく最中に態度が変わっていく人も見てきたので、それが怖いなとも思います」と述べ、矢部から「名前は絶対に言うなよ!?」とツッコまれた。

最後に矢部は「日本最大規模のオーディション番組のMCをやらせてもらうのは大役だなと思います。国民の方々と同じ目線、そして同じ温度感で参加できたらと思っています」と意気込み。岡村も「全力で盛り上げていきたいです!」と続いて会見を締めくくった。

お笑いナタリーをフォロー