お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

アイン、アキナ、かまいたち、ジャル、なすなか「第54回上方漫才大賞」奨励賞候補に

2564

「第54回上方漫才大賞」奨励賞にノミネートされた芸人たち。(c)関西テレビ

「第54回上方漫才大賞」奨励賞にノミネートされた芸人たち。(c)関西テレビ

「第54回上方漫才大賞」の奨励賞と新人賞にノミネートされた漫才師が本日3月18日(月)、大阪・関西テレビにて行われた記者会見で発表された。

この「上方漫才大賞」は上方漫才界に貢献し、その年もっとも活躍した漫才師を称えるもので来月4月13日(土)に大阪・オリックス劇場で開催され、関西テレビとラジオ大阪で生放送される。奨励賞にノミネートされたのは、アインシュタインアキナかまいたちジャルジャルなすなかにしの5組。抽選により当日の出番は、アキナ、なすなかにし、アインシュタイン、かまいたち、ジャルジャルの順となった。

新人賞にノミネートされたのは、アルミカンからし蓮根さや香たくろうネイビーズアフロマルセイユミキの7組。彼らの出番は、アルミカン、たくろう、マルセイユ、さや香、からし蓮根、ネイビーズアフロ、ミキの順だ。スケジュールの都合で本日の会見に参加できなかったかまいたちを除き、ノミネートされたコンビはそれぞれ意気込みを述べた。

「第54回上方漫才大賞」の奨励賞と新人賞は観客を前にネタを披露し、インターネットでの一般投票もふまえて受賞者を決定。大賞の受賞者は当日に会場で発表される。

第54回上方漫才大賞 新人賞ノミネート

アルミカン:何回もノミネートしていただいていますが、この賞は、1年間の活動全部を評価される賞であり、本当に取りたい賞の1つです。紅一点、頑張りたいと思います!

たくろう:これまで賞レースで優勝したことがないので、本当に取りたいです。多分この中で1番若手なので、先輩たちをぶったぎってやろうと思います!

マルセイユ:3回目のノミネートで3番手。「3度目の正直」という言葉もございますし、頑張りたいと思います。準備してきたもの、熱意に関しては他の組には負けていません!

さや香:これで2回目の出場となります。1番真ん中の出番で、元気いっぱいやりたいです。歴史のある賞なので、受賞して箔を付けたいと思います。ミキには勝ちます!

からし蓮根:杉本にそろそろ子どもが生まれるので、おめでたい話題が続けばいいなと思います! もし新人賞をいただいたら、賞金でベビーカーを8台買います! 親交の深いオール阪神・巨人師匠がたくさん受賞している賞なので、続いていきたいです!

ネイビーズアフロ:3年連続の出場となります。ここで勝てるように頑張ります! ゆくゆくは大賞を見据えています。まずは新人賞をとって、足掛かりにしたいと思います。

ミキ:他のコンビには絶対負けられません! 真剣に取りに行きます。上方漫才大賞を絶対取ります! 楽しんでやろうと思います。優勝!

第54回上方漫才大賞 奨励賞ノミネート

アキナ:これはウソになりますが、トップバッターでうれしいです。僕たちがトップをつとめて、ここから奨励賞が盛り上がったらいいなという姿勢で楽しみたいと思います。「舞台に咲かす、笑い花」そんな言葉を胸に、トップからかましていくという意気込みです!

なすなかにし:2番手として、一生懸命アキナの後を継いで、「舞台にながれる川のせせらぎ」を見せたいなと思います。受賞したら、トロフィーを持ち歩きたいと思っていますので、賞金は、トロフィーにキャスターをつけたいと思います。

アインシュタイン:去年も出させていただいて悔しい思いをしましたので、なんとか雪辱を晴らしたいと思います。「センターマイクが俺の道」場所はどこであれ、どんな大会であれ、センターマイクの前では嘘をつかない。そんな精神で頑張ります。

ジャルジャル:僕らの漫才とお客さんの笑いが交差する交差点。それが本当の「お笑い交差点」。僕らの漫才が走り出すと、お客さんの笑い声も走り出す。それが本当の「お笑いハイウェイ」。僕らの漫才が始まると、その裏にはお客さんの笑いがある。それが本当の「お笑い裏路地」。そんな気持ちで頑張ります。

第54回上方漫才大賞

関西テレビ、ラジオ大阪 2019年4月13日(土)15:00~17:30
<出演者>
司会:太平サブロー / 原田年晴(ラジオ大阪アナウンサー) / 関純子(関西テレビアナウンサー)
奨励賞ノミネート:アキナ / なすなかにし / アインシュタイン / かまいたち / ジャルジャル
新人賞ノミネート:アルミカン / たくろう / マルセイユ / さや香 / からし蓮根 / ネイビーズアフロ / ミキ

お笑いナタリーをフォロー