お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

渋谷らくご創作大賞に笑福亭羽光「下ネタを封印してよかった」

91

「渋谷らくご大賞 創作大賞」を受賞した笑福亭羽光。

「渋谷らくご大賞 創作大賞」を受賞した笑福亭羽光。

昨日12月18日に東京・ユーロライブにて開催された「林家彦いちプレゼンツ創作落語ネタおろし会『しゃべっちゃいなよ』」内で「渋谷らくご大賞」の授賞式が行われ、「おもしろい二つ目賞」を柳亭市童と瀧川鯉八が、「創作大賞」を笑福亭羽光が受賞した。

「おもしろい二つ目賞」はこの1年でもっとも目覚ましく飛躍した二つ目に贈られるもの。「渋谷らくご」のキュレーターを務めるサンキュータツオは、柳亭市童に「6月の高座『高砂や』では、今どき演じる人も少なくなってきた現代にあって、爆笑の渦を起こし、ひたすら震撼した」とコメントし、瀧川鯉八については「トリ公演も多くこなし、シブラクのCDも完売、今いる場所に安住せず常に闘う鯉八さんの姿勢に胸が打たれた」と語った。

「ペラペラ王国」と題した演目で「創作大賞」受賞を果たした笑福亭羽光。「新作落語をやってきた甲斐があった。下ネタを封印してよかった」と述べ、感涙する場面も。審査員の作家・長嶋有は「実はオーソドックスな面白さがブレてない」、池田裕子は「ワードチョイスの面白さ、ツッコミのテンポ、ダサくてやぼったい姿が楽しめた」と感想を伝えた。

「渋谷らくご大賞 創作大賞」エントリー演目

笑福亭羽光「ペラペラ王国」
春風亭昇羊「吉原の祖」
林家きく麿「二つ上の先輩」
瀧川鯉八「めでたし」
春風亭昇々「お隣さん」
古今亭駒治「ヤクルトレディ関根さん」
立川寸志「羊が一匹」

お笑いナタリーをフォロー