お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

EXITが諦めずに続けて叶えた満席のルミネ単独、ノブコブ徳井「時代が動く音がした」

819

ピース又吉も参加した「チャラ喜劇」。

ピース又吉も参加した「チャラ喜劇」。

EXITが昨日11月11日、自身初となる東京・ルミネtheよしもとでの単独ライブ「eleven~MAJI 卍 NIGHT~」を開催した。

ルミネtheよしもとで結成11カ月の若手コンビが単独ライブを打つのは史上最速のことだ。EXITは「ゴッドタン」(テレビ東京)の企画「この若手知ってんのか!?」にて「今のバラエティで売れそうな若手芸人」部門1位として登場し、チャラいキャラクターと隠しきれない内面の誠実さで注目されたほか、お互い諸事情によるコンビ解散を経験していること、兼近が語る幼少期の貧乏エピソードなども大きな武器にして活躍している。今回のライブでも“ネオ渋谷系チャラ漫才師”の名にふさわしいハイテンションな掛け合いを披露しつつ、言葉遊びや伏線回収などでしっかり笑いを取り、さらに単純なミスにもアドリブで対応するなど安定した力も垣間見せた。

開演前の会場にはEDM調の音楽が流れ、照明は普段より薄暗く、さながらクラブの様相。ロビー受付のスタッフも網タイツとうさ耳着用のバニーガール風で、通常のお笑いライブとは一線を画する雰囲気が漂う。ステージ両端には外国人SP風の男性が仁王立ち。乱入する者が現れると力づくでつまみ出してみせ、観客の期待を高めていく。

「緊急記者会見」と銘打った映像が映し出されたあと、客席後方の扉からEXITの2人が歌いながら登場。ステージにはダンサーたちも集結し、会場はライブ冒頭から“ぶち上がる”。改めてセンターマイクの前に立ったりんたろー。は「ありがとー! マジか!」と立ち見スペースまで埋まった客席の景色に感激。兼近にいきなり「どうですか? 相方捕まって」と“爆弾”を放り込まれると、「やめろ!(笑)」と制しつつ「お前だけはずっとそばにいろよ?」と返して歓声を浴びた。

「チャラ喜劇」と題した新喜劇風のネタでは「邪魔すんで~」「邪魔すんならヒィア ウィ ゴーして~」という吉本新喜劇おなじみの掛け合いもEXIT流にアレンジ。チンピラの兄貴役にはピース又吉を迎え、兼近とギャグ合戦を繰り広げる場面も。さらに平成ノブシコブシ徳井がゲスト参加したコントでは「どうするぅ!?」が口癖の徳井のギャル男キャラとEXITが念願のコラボ。DJ DEKKA(デッカチャン)によるDJタイムも設けられるなど、豪華なゲストたちがEXITのルミネ初単独ライブを盛り上げた。

エンディングでは徳井が「EXITって全編がコントみたいなもんじゃん。そのコントにこれだけのお客さんが集まるって、マジで時代が動く音がした」と発言。「これからテレビとかラジオとかいっぱい呼ばれると思うけど、媚びないで、一生懸命やってきたものを認めてくれる人とやったほうがいい」と激励した。兼近は「もうちょっと笑いの量とか全体的に上げていって、今後に生かせるような単独にしたかったなと思っていて」と真面目に語ってみせ笑いを誘いながら、「めちゃくちゃ楽しかった」と笑顔でコメント。りんたろー。は「蓋を開けるまで誰が来てくれるかわかんなかった。(チケットが)完売したのも意味わかんなくて。みなさん普段どこにいます?」と改めて満杯の客席に問う。そして「いろんなことがあったんですけど、諦めないで続けていればこうやってルミネでやれて、こうやって人が集まってくれる。それがめちゃくちゃうれしいっす!」と感謝した。

今年10月には夢だったという「おはスタ」(テレビ東京系)出演も実現させ、追い風を受けている彼らのさらなる活躍に期待しよう。なおEXITは新曲「ネオチャラ」を11月14日にリリースする。Laugh&Peace Musicのアプリでは2人のコメントやオフショットを発売日に配信予定。

お笑いナタリーをフォロー