お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

さらば、KOC回想ライブで語り足りず「この10年は思ったより長かったんやな」

1069

さらば青春の光

さらば青春の光

昨日10月25日、さらば青春の光が「さらば青春の光の10年間のキングオブコントを振り返ろうトークライブ」を東京・ユーロライブで開催した。

2008年の第1回「キングオブコント」の1回戦でコンビとして初舞台を踏み、2018年大会を最後の挑戦にすると話していたさらば青春の光。ライブでは、キングオブコントと共に歩んだ約10年間を回想し、改めて同大会を卒業することを宣言した。

2人はまず、先月9月に行われたばかりの「キングオブコント2018」を振り返ることに。森田は「今年ばかりはホンマに優勝できると思っていた。決勝のネタ時間が5分になったことで、今まで4分に縮められなかった勝負ネタ『予備校』ができるようになったし、完全に流れが来ていると感じてたんやけど」「決勝の前日、初めて『あっ、明日優勝するんや。人生が変わるんや』って怖くなった」と語る。予選についても「一番怖かったのが相席スタート。準決勝のネタが2本ともめちゃめちゃ面白いし、かなりウケてた。相席が決勝に来たら正直ヤバいと思ってたけど来なかったし、同じく脅威に感じていたかが屋と空気階段の名前もない。ファイナリストで一番の敵になるのはチョコレートプラネットさんやと予想したけど、『意識高い系棟梁』には勝てると思っていた(笑)」と回想。ノーマークのハナコに優勝されたことについては「犬やもん! 犬はせこいわ! 犬みんな好きやん! 犬で笑わんことないやん! 俺らが『わんわん先生』言うて犬の格好で予備校してたら余裕で勝ってたよ!」とムキになって会場の笑いを誘っていた。

続いてさらば青春の光は2008年から順を追ってKOC挑戦の歴史を語っていくことに。2009年の3回戦をインフルエンザで欠席した森田は、当時の葛藤について「ほかの人にインフルをうつしてまで出場するか欠場するか、めちゃくちゃ迷った。出場者一覧を見たときにカバと爆ノ介とか見取り図って書いてあって『まあ出てもええかなー?』って思いかけたんやけど、シャンプーハットって名前が目に飛び込んできた瞬間『シャンプーさんにうつしたらあかん!』って欠場を決めました(笑)」と懐かしげに話す。さらに「このあと、東ブクロに『マジで申し訳ない。次のABCお笑い新人グランプリの決勝にいけるネタを作るから』っていう熱いメールを送って、ホンマにABCの決勝に初出場するんです。ただのええ話(笑)」という裏話を明かすが、東ブクロは「そのメール、俺返してた? たぶん鼻で笑っただけやった気するわ」とそっけない反応を見せていた。

芸人審査員として決勝大会を見届けた2010年と2011年のパートでは、ジャルジャル「おばはん」、2700「キリンスマッシュ」、モンスターエンジン「ミスターメタリック」、TKO「裏口入学」といったネタが面白かったという話題で盛り上がる。また初の決勝進出を果たし、準優勝に輝いた2012年について森田は「バイきんぐさんの2本目、序盤はそこまでウケてなくて途中まで『いけるんちゃうん?』と思ったけど、『なんて日だ!』で地響きのような笑いが起こって……その瞬間に優勝を諦めた記憶がある」とコメント。東ブクロも「あのとき以上にネタがウケてる現場を未だに見たことがない」とバイきんぐの優勝を讃えた。

「2ちゃんねるの書き込みに惑わされた」という2013年、「初めて東ブクロがアイデアを出したネタで挑んだが“ダンソン”に負けた」という2014年、「激スベりして最下位になり、未だに録画を見返してない」という2015年を経て、さらば青春の光は2016年にまさかの2回戦敗退。当時の2人の落ち込みようは相当だったそうで、東ブクロは「落ちた日の夜、眠れなくなってしまって、後輩のゴッホ向井ブルーを呼んで一晩中手をつないでもらっていた」という驚愕の裏話を明かした。一転して決勝で高評価を得た2017年のパートでは「準決勝で前評判が高かった『予備校』をやると見せかけて、とっておきの秘蔵ネタ『ぶどう農園』を披露したがあまりウケなかった」事件、「決勝のネタ中に東ブクロの頭に謎のクリップが付着した」事件といったトピックが語られている。

約10年の歴史が振り返られたあとは、ファン投票による「さらば青春の光の好きなKOCネタランキング」が発表された。ここでは「ぼったくりバー」が26票で1位に輝いた一方、「オカリナ」と「芸術家」が0票だったことが明らかになり、客席には大きな笑いが。またQ&Aコーナーで「レジェンド審査員5人以外だったら誰に審査されたいですか?」というファンからの質問が読み上げられると、東ブクロは「千原ジュニアさん」、森田は「東京03飯塚さんとロバート秋山さん」と答えた。

ライブは当初の想定時間よりも40分以上長引いたが、それでも森田は「まだまだ話し足りひんな」と述べ、東ブクロも「この10年は思ったより長かったんやな」としみじみ。また森田はKOCとの今後について「審査員したいわ! 準決勝の審査員させてくれたらホンマに盛り上がる決勝にする自信あるわ!」と野望を語る。東ブクロに「お前、来年の準決勝行って全組のレポ書けよ」と言われると、「なんで俺、そんなライブ界隈の一番イタい奴みたいなことせなあかんねん!」と笑いながら返していた。

お笑いナタリーをフォロー