お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

椿鬼奴、“地球玉”手に「超空のギンガイアン」主題歌熱唱「IVKI」イベントで感涙

69

地球玉を手に歌う椿鬼奴。

地球玉を手に歌う椿鬼奴。

椿鬼奴が昨日9月12日、ミニアルバム「IVKI」のリリース記念イベントを東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で実施した。

架空アニメ「超空のギンガイアン」の劇中歌集というコンセプトのもと制作された「IVKI」。藤井隆や堂島孝平が楽曲をプロデュースし、MEGUMI(林原めぐみ)、PUFFYの大貫亜美、伊礼彼方らが作詞やデュエットで参加している。

イベントでは「ギンガイアン」の企画に協力している向をMCに迎えたトークコーナーとミニライブが展開され、トークコーナーでは本作発表までの道のりを鬼奴が説明。本作を発表したレーベル・SLENDERIE RECORDの主宰を務める藤井がリリースを提案してくれたこと、堂島が架空のアニメ主題歌として書き下ろした「運命のリビルド」が今作のコンセプトにつながったことなどを語る。「超空のギンガイアン」は12話までのプロットができあがっているといい、鬼奴は「アニメはないんですけど、サイトはあるんです!」と実在するアニメ作品さながらの立派なオフィシャルサイトが立ち上がっていることを強調してみせた。同サイトでは8話までのストーリーや鬼奴が声を当てていることになっている伊吹・レッドスターをはじめとするキャラクター紹介が掲載されているのでチェックしてみよう。

ミニライブでは「IVKI」の中から2曲が披露された。鬼奴は登場時にぶらさげていたビニール袋から“地球玉”と呼ばれる玉を取り出し、それを発光させながらダンスと歌で「運命のリビルド」の世界を表現する。さらにMEGUMIが作詞した「Brace yourself」を「ギンガイアン」に登場する“宇宙的小動物”ルキアンの人形を手にしながら歌唱。集まった観客の温かい声援に涙を浮かべ、「リリースイベントは今までしたことがなかったので、すごくうれしかった。どれくらいの方が集まってくれるかわからなかったんですけど、実際ステージに出てきたときは……感動しました」と感謝した。

なお鬼奴は藤井、レイザーラモンRGと共に「SLENDERIE TOUR」と題したライブツアーを大阪、東京、岡山、愛知、福岡の5カ所で開催する。

お笑いナタリーをフォロー