お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ガリチュウ熊谷の親孝行、歯がない母親に「やわらかい天ぷらをごちそうしました」

24

左からとにかく明るい安村、ガリットチュウ、品川庄司・庄司。

左からとにかく明るい安村、ガリットチュウ、品川庄司・庄司。

本日9月11日、映画「スカイスクレイパー」の公開直前イベントが都内で行われ、ガリットチュウ品川庄司・庄司、とにかく明るい安村が登壇した。

9月21日(金)に全国公開される「スカイスクレイパー」は、何者かによって爆破された高さ1000メートル超の高層ビル“ザ・パール”を舞台に、義足の主人公・ウィルが家族の救出に挑むさまを描く作品。ドウェイン・ジョンソンが主演、ローソン・マーシャル・サーバーが監督を務める。

本作で父が家族のために奮闘することから、ガリットチュウらは“パパ芸人”としてイベントに招かれた。彼らは体操服を着て「1、2! 1、2!」という元気な掛け声と共に入場。司会から「最近、家族のためにがんばったことは?」との質問が飛ぶと、唯一の独身であるガリットチュウ熊谷は「母が虫歯だらけで歯がないので、やわらかい天ぷらをごちそうしました!」と直近の親孝行を明かした。

イベントの後半には、主人公が超高層ビルに向かってジャンプするシーンにちなみ、パパ芸人たちがワイヤーを使ってジャンプ力を競うコーナーも。ここでは安村が「穿いてますよー!」、庄司が「ミキティー!」と叫びながら飛んだものの飛距離が伸びず、痛風をアピールしていた福島が優勝。ネタを披露できる権利を獲得し、「予防接種を受ける子供のモノマネ」「男性に迫られるときの女性のリアクション」などで会場の笑いを誘っていた。

お笑いナタリーをフォロー