お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バイきんぐ西村がキャンプレストラン開設へ、小峠「全力でボイコットします」

126

「17 Live 緊急会見」に登壇した(左から)バイきんぐ、池田美優。

「17 Live 緊急会見」に登壇した(左から)バイきんぐ、池田美優。

株式会社17 Media Japanが主催する「17 Live 緊急会見」と題したPRイベントが本日6月18日に都内にて行われ、ライブ配信アプリ「17 Live」のキャンペーンキャラクターを務めるバイきんぐが登壇。大のキャンプ好きとして知られるバイきんぐ西村が「17 Live」を駆使してキャンプレストランのプロデュースを目指すことを宣言した。

お笑いに次ぐ“第2の夢”というキャンプレストランをプロデュースする際には本業のお笑いが疎かになるため、バイきんぐが解散の危機を迎えているのではないか、というのが本日の「緊急会見」の議題だ。スペシャルMCとして登場したみちょぱこと池田美優とトークを繰り広げる中、西村が「キャンプ飯が食べられるキャンプレストランに挑戦します!」と声を張り上げると、会場内には紙吹雪が発射された。この華やかな演出に小峠は「紙吹雪の無駄遣いですよ」と冷静につぶやく。「小峠にはウエイターをしてもらいます」という西村からの指令にも「やんないですよ。なんでこいつにこき使われなきゃいけないんだよ。こいつは失敗して店をつぶして、つぶした店の木材を火にくべてキャンプやるんだから」と延々ぼやいていた。

それでも「大自然で食べる料理は最高! 皆さんに味わっていただきたい!」という西村の意志は固い様子で、「寂しがるであろう相方のために」とステージ上に「17 Live」のキャラクター・17ベイビーを小峠の相方として招集する。愛嬌を振りまく17ベイビーの横に並んだ小峠は時折笑顔を見せながらも「しゃべんないわりに存在感が異常にあるので相当厄介だろ。圧しかねーよ。スタジオのひな壇にどうやって座るんだよ」と相方としての懸念点を次々と挙げた。

西村が臨むのはライブ配信を用いたクラウドファンディング。今週6月22日(金)と23日(土)に「17 Live」でキャンプレストランのプレゼンテーションを行い、オーディエンス(視聴者)がギフトを贈って応援する。この話を聞いた小峠は「僕はそのプレゼンを全力でボイコットします。絶対に開催させません。そのスタジオに、こいつ(=17ベイビー)が爆竹と火炎瓶を投げるんだよ。この世の終わりだよ!」といった荒っぽい提案で会場の笑いを誘った。西村の第2の夢の実現に興味がある人はオフィシャルサイトをチェックしてみては。

お笑いナタリーをフォロー