お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

「常にアウェー感」森三中村上がロックな演劇に挑戦

本日2月25日に、演劇ユニット・プロペラ犬と筋肉少女帯による舞台「アウェーインザライフ」の制作発表が行われ、森三中村上が出席した。

村上は今回、吉本興業主催ではない舞台に出るのは初めて。最初の挨拶では「俳優さんたちとガッチリした舞台で面白いことができのはとてもありがたい。胸を借りるつもりで頑張ります」と、緊張した面持ちで語った。

役柄はガールズバンドのベースという村上。「どのように演じるか?」と聞かれると「バンドを格好良く見せるために自分も格好良くならないと。演奏するシーンがあるかもしれないということなんですが、この指の短さ(と、指を見せる)。これがどうでるか」と、心配の種を明かした。楽器も弾けず楽譜も読めないということで、「今、(舞台での演奏が)なくなればいいなと思っています」と笑いながらコメント。また、“アウェー感”については「常に感じています(笑)。森三中でネタの舞台に出ているときはだいたいアウェーなので、スベります。そういうときは『私ボケてないよ』って思い込んで乗り越えてきました」と、強いハートをアピールした。

プロペラ犬の水野美紀は村上を選んだ理由について「歌も歌えるし、芸人さんなので舞台に慣れている印象でした。バンドメンバーのバランスも考えて、マスコットガール的な存在です。舞台で観客の心をガツっと掴んでもらえれば」と期待のコメント。共演者のソニンも「村上さんが出てるから私出たいと思ったんです」と明かすも、「今までの舞台ではないジャンルの方で」という理由に、村上は「バカにしてんの?」と思わずツッコんでしまう場面も。「いろんな人が信頼してくれてるんですが、不安です」と心配する村上だったが、「自分の中のどこかにあるロックを引き出して頑張ります」と新たな挑戦に意欲を見せた。

舞台は東京公演が赤坂BLITZ にて6月4日から6月18日、大阪公演はサンケイホールブリーゼにて6月23日から6月25日まで上演。チケット発売は明日2月27日からとなっているので、興味がある人は足を運んでみよう。

お笑いナタリーをフォロー