お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

佐久間一行が“アドベンチャーアート展”をPR「優しいワニと写真を撮って」

150

左から横澤夏子、佐久間一行。

左から横澤夏子、佐久間一行。

本日4月26日、「佐久間一行ぜんぜん大変じゃないアドベンチャーアート展」のお披露目会見が東京・有楽町マルイで行われ、佐久間一行とMCの横澤夏子が登壇した。

明後日4月28日(土)から5月7日(月)まで、有楽町マルイの8F イベントスペースで開催される「佐久間一行ぜんぜん大変じゃないアドベンチャーアート展」は、佐久間が生み出す笑いの世界を、見るだけでなく触れることでも楽しめるように企画されたイベント。ネタを体感できる展示や、これまで発表されたイラストの原画、新たに描かれた絵画など見どころ満載だ。

会見では、佐久間がアート展を開くに至った経緯を「いろいろなことが重なって開催できることになりました。2017年に『ふでばこ君』という絵本を幻冬舎さんから出させていただいて、そこからイラストの仕事が増えて。そんな矢先に野性爆弾くっきーさんの『超くっきーランド』に行ったら、『何これ!? 次元が違う!』って衝撃を受けまして、自分もこういうことをしてみたいなと思ってたら1カ月後にはマルイさんでできることになってました」と説明。イベント開催がここまでとんとん拍子で実現したことは驚きだったそうで、「『何この流れは!?』と思いましたよ!」と笑顔で心境を述べた。

ワニの口を自分で開いて通る体験ができる展示作品「優しいのにワニ」について説明する場面では、「このワニは目が怖くて勘違いされることがあるんですけど実は優しいんです。歯は丸くてスポンジ。色も淡いし、爪も丸い。お子さんには『あら優しい~』って通ってほしいです。“ぜんぜん大変じゃないアドベンチャー”というのはこういうことです(笑)」と熱弁し、取材陣に「ついてこ~い」と呼びかける。横澤も実際にワニの口を開きながら「インスタ映えもしそうですね!」とコメントし、佐久間は「『噛まれてるのに痛くない~』っていう写真を撮ってください」と作品をPRした。

記者から今後の展望について聞かれると、佐久間は「『ぜんぜん大変じゃないアドベンチャーアート展』をいろんなところでやりたいです」とコメント。「今回のアート展も自分がイメージしていたよりも大きい規模でできた。それをさらに広げたい。場所によってはもっと大きな作品も作れればいいなと思っています」と夢を語った。

佐久間一行ぜんぜん大変じゃないアドベンチャーアート展

日程:2018年4月28日(土)~5月7日(月)
会場:東京・有楽町マルイ 8F イベントスペース
料金:500円(キーホルダー付き入場券は1000円)
チケット:チケットよしもとにて販売中。

お笑いナタリーをフォロー